スポンサーリンク

黒田硫黄さんのAmazonランキング

第 1 位
きょうのカプセル (ワイドKC)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】42311 位
【出版社】講談社
【発売】2018-11-22

第 2 位
大王 (Cue comics)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】178470 位
【出版社】イースト・プレス
【発売】1999-08-01

【内容紹介】   1993年から1999年に発表された11の短編を収録した黒田硫黄の第1短編集。デビュー作「蚊」、カラー作品「西遊記を読む」、漫研時代の作品「熊」「南天」、同タイトルの手塚治虫作品のカバー「メトロポリス」、よしもとよしともと原作による「あさがお」など、初期のさまざまな試みを堪能できる。そのほか描き下ろし作品「まるいもの」、あとがき、雑誌「ユリイカ」に掲載されたエッセイ「西遊記とわたし。」も収録されている。

   印象的なのが、「象」をモチーフにした2作品。ひとつは、同棲相手に家財道具と共に逃げられた少女が隣の部屋に巨大な象がいることを知り、心を寄せてゆく「象夏」。もうひとつは、やはりアパートで象を飼っていた男が、散歩の途中で鯨を飼っているという少女と出会う「象の散歩」。

   象という多大な重量を持った「野生」が都会の日常のなかにあることの違和感と、大きなものに圧倒される心地よい興奮が押し寄せてくる。どちらの作品でも、主人公たちは象を手放さねばならない状況に陥り悩むものの、最終的には「象は象でやってくさ」(「象の散歩」)と拍子抜けするほどにさっぱりと、象に別れを告げる。黒田作品全体に流れる、物事に拘泥せずに手放す潔さ、すがすがしさを強く感じさせる。象の荒々しく、どこかなまめかしくもある姿を最高の構図で表現する画力も見事。筆を多用し、黒々とした線で描く黒田独特の技法も、象という素材とぴたりと合っている。(門倉紫麻)

第 3 位
茄子 (1) (アフタヌーンKC (272))


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】112726 位
【出版社】講談社
【発売】2001-07

第 4 位
茄子 (3) (アフタヌーンKC (314))


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】114086 位
【出版社】講談社
【発売】2002-12-20

第 5 位
黒船 (Cue comics)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】165666 位
【出版社】イースト・プレス
【発売】2001-10-01

【内容紹介】 「このおもしろさが判る奴は本物だ」。かの宮崎駿監督は黒田硫黄作品をこう評したが、その魅力が凝縮された12タイトルの中短編を収録した本書を一読すれば、誰しもその評価に納得するに違いない。

   18世紀を舞台とした海洋冒険譚である中編「鋼鉄クラーケン」や、江戸時代にベトナムから日本にやってきた象とその飼い主の物語である「象の股旅」は、紆余曲折のドラマがはるかなロマンを感じさせる。一転して、現代の平凡な女学生の日常風景「年の離れた男」や料理マンガ「肉じゃがやめろ!」では、ひょうひょうとしたユーモラスな展開を見せつつ生活感も感じさせる。内容は非常にバラエティーに富んでいるが、そのどれもが厚みのあるおもしろさを発揮している。

   独特の筆絵調のタッチはとても絵画的である。少なくとも写実的ではない。しかし、黒田硫黄作品の登場人物には、まるですぐそこに存在しているかのごとき躍動感がある。それを生みだしているのが、登場人物の表情の豊かさだ。気をつけてみると、1カットたりとも同じ表情をしていることがないのには驚かされる。構図取りの見事さも特筆モノだ。1コマ1コマがまるでカメラマンの作品のようで、一瞬の風景をとても印象的にとらえている。本書収録の「わたしのせんせい」は、主人公の少女が自転車で走っていくシーンで終わる。ここではたった2ページの間で前後左右、上下、アップ、俯瞰の構図を巧みに使い分けており、気持ちの良い余韻を演出している。

   本書収録作品は1話2ページの短編から90ページ超の中編までがそろっている。じっくり読みたい人も軽く試してみたい人も、これ1冊で黒田硫黄の魅力を存分に味わえるはずだ。(芝田隆広)

第 6 位
茄子 (2) (アフタヌーンKC (295))


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】114247 位
【出版社】講談社
【発売】2002-05-23

第 7 位
アップルシードα(2)<完> (モーニング KC)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】58535 位
【出版社】講談社
【発売】2016-02-23

【内容紹介】間違って購入した2冊目を出品します。未読の「新古品」です。初版・帯付き美本です。カバー背上部に少し折れにかすかに折れがあります。 日焼け・書き込みなどは全くありません。個人出品のため、発送は早くても発注いただいた週の次の土日になります(土日の場合、次の土日の場合があります)。ご了承ください。間違って購入した2冊目を出品します。未読の「新古品」です。初版・帯付き美本です。カバー背上部に少し折れにかすかに折れがあります。 日焼け・書き込みなどは全くありません。個人出品のため、発送は早くても発注いただいた週の次の土日になります(土日の場合、次の土日の場合があります)。ご了承ください。ゆうメールでお送りする予定です。

第 8 位
大日本天狗党絵詞 1 (アフタヌーンKC)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】248672 位
【出版社】講談社
【発売】1995-04

第 9 位
大日本天狗党絵詞 3 (アフタヌーンKC)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】110896 位
【出版社】講談社
【発売】1997-04

第 10 位
茄子 全3巻完結 [マーケットプレイスコミックセット] [コミック] by 黒田 硫黄 [コミック] by 黒田 硫黄 [コミック] 黒田 硫黄


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】103711 位
【出版社】講談社
【発売】

第 11 位
大日本天狗党絵詞 4 (アフタヌーンKC)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】110968 位
【出版社】講談社
【発売】1997-05

第 12 位
アップルシードα(1) (モーニング KC)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】59299 位
【出版社】講談社
【発売】2015-01-16

第 13 位
大日本天狗党絵詞 2 (アフタヌーンKC)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】305590 位
【出版社】講談社
【発売】1996-02

第 14 位
大金星 (アフタヌーンKC)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】39847 位
【出版社】講談社
【発売】2008-09-22

第 15 位
セクシーボイス&ロボ(1) (モーニング KC)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】88881 位
【出版社】講談社
【発売】2016-03-23

第 16 位
セクシーボイス&ロボ(2) (モーニング KC)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】88590 位
【出版社】講談社
【発売】2016-04-22

第 17 位
少女自転車解放区 (WANIMAGAZINE COMICS)


【著者】村田蓮爾
【その他】168
【ランキング】142453 位
【出版社】ワニマガジン社
【発売】2011-09-27

第 18 位
大日本天狗党絵詞 コミック 全4巻完結セット (アフタヌーンKC)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】107736 位
【出版社】講談社
【発売】1997-05-01

第 19 位
セクシーボイスアンドロボ1 (BIC COMICS IKKI)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】176711 位
【出版社】小学館
【発売】2001-11-30

【内容紹介】   テレクラのサクラをしながらスパイ修行をする少女、林二湖(ニコ)。コードネームは「セクシーボイス」。偶然出会った、謎の「おじいさん」からの依頼を受け、さえない相棒ロボを手足に使って次々と事件を解決していく。14歳の女の子ならではの軽やかさと大胆さが、すがすがしい読後感をもたらしてくれる。2002年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞作品。第1巻では1話で1つの事件を解決する、1話完結式の構成だが、第2巻では、裏社会に深く足を踏み入れてゆくニコの姿が描かれ、ゆるやかに物語全体が進行していく。

 「今救えるのは、宇宙で私だけ」(1巻)、「意志でなく、才能が行く道を選ぶ。/そういうことがあると思うのよ」(2巻)。こんなほれぼれするようなキメゼリフと黒田独特の構図が、冴えまくる。登場人物のそばにぴたりとはりついて描いているかのような構図と思い切りひいて描いた構図が突然切り替わり、心地よいめまいをもたらしてくれる。

   セリフまわしや「スパイもの」という設定のせいで、全体の印象はどこかクラシカル。だが、ニコのキャラクターやディテールの作りこみ、事件ごとの設定には、いまどきの風俗を巧みに取り入れており、そのバランスの取り方がなんともにくい。

   黒田作品というと、玄人好みであるとか難解であるとか評されることもしばしばであったが、本作は誰が読んでもきっちりと楽しめるエンターテイメントとしても、極上の仕上がりになっている。(門倉紫麻)

第 20 位
新装版 茄子 下 (アフタヌーンKC)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】126671 位
【出版社】講談社
【発売】2009-02-23

第 21 位
セクシーボイス アンドロボ コミック 全2巻完結セット (BIC COMICS IKKI)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】169016 位
【出版社】小学館
【発売】

第 22 位
大日本天狗党絵詞 新装版 コミック 1-3巻セット (アフタヌーンKC)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】161884 位
【出版社】講談社
【発売】2008-12-22

【内容紹介】大日本天狗党絵詞 新装版 コミック 1-3巻セット (アフタヌーンKC)

第 23 位
セクシーボイスアンドロボ #2 (BIC COMICS IKKI)


【著者】黒田 硫黄
【ランキング】177117 位
【出版社】小学館
【発売】2003-02

【内容紹介】   テレクラのサクラをしながらスパイ修行をする少女、林二湖(ニコ)。コードネームは「セクシーボイス」。偶然出会った、謎の「おじいさん」からの依頼を受け、さえない相棒ロボを手足に使って次々と事件を解決していく。14歳の女の子ならではの軽やかさと大胆さが、すがすがしい読後感をもたらしてくれる。2002年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞作品。第1巻では1話で1つの事件を解決する、1話完結式の構成だが、第2巻では、裏社会に深く足を踏み入れてゆくニコの姿が描かれ、ゆるやかに物語全体が進行していく。

 「今救えるのは、宇宙で私だけ」(1巻)、「意志でなく、才能が行く道を選ぶ。/そういうことがあると思うのよ」(2巻)。こんなほれぼれするようなキメゼリフと黒田独特の構図が、冴えまくる。登場人物のそばにぴたりとはりついて描いているかのような構図と思い切りひいて描いた構図が突然切り替わり、心地よいめまいをもたらしてくれる。

   セリフまわしや「スパイもの」という設定のせいで、全体の印象はどこかクラシカル。だが、ニコのキャラクターやディテールの作りこみ、事件ごとの設定には、いまどきの風俗を巧みに取り入れており、そのバランスの取り方がなんともにくい。

   黒田作品というと、玄人好みであるとか難解であるとか評されることもしばしばであったが、本作は誰が読んでもきっちりと楽しめるエンターテイメントとしても、極上の仕上がりになっている。(門倉紫麻)