スポンサーリンク

羽生生純さんのAmazonランキング

第 1 位
ゼツ倫 3 (BUNCH COMICS)


【著者】羽生生 純
【ランキング】28312 位
【出版社】新潮社
【発売】2019-05-09

第 2 位
ゼツ倫 2 (BUNCH COMICS)


【著者】羽生生 純
【ランキング】76104 位
【出版社】新潮社
【発売】2018-11-09

第 3 位
ゼツ倫 (BUNCH COMICS)


【著者】羽生生純
【ランキング】61530 位
【出版社】新潮社
【発売】2018-05-09

第 4 位
ワガランナァー (ビームコミックス)


【著者】羽生生 純
【ランキング】281404 位
【出版社】エンターブレイン
【発売】2002-02

【内容紹介】   地球がわが家の自由な浮浪者3人組と、ひょんなことから転落人生真っただ中となったギャルのカルテットが繰り広げる、近未来サイバーパンクおとぎ草子。

   自称、町内宇宙パトロールなので何者にも縛られない。違法行為をあっけらかんとやってのけるが、決して人の道から外れすぎることはしない。そんな彼らの引き起こす、他人も世間も巻き込んだ大騒動。社会通念や常識から、遠く離れたむちゃくちゃな発想に基づく彼らのでたらめな妄想と行動は、終始読者の爆笑を誘う。

   一方で、天気がいいから月にでも行こうと口にするや、瞬く間にロケットを作りあげてしまう彼らの行動力は、単純にギャグにとどまらない痛快さも感じさせる。実際にそのロケットが飛ぶか飛ばないかは問題ではない、と言わんばかりの粋な魅力がそこにある。

   ただ生きる。それだけでとにかく楽しそうな彼らのギリギリの暴走が、羽生生の硬質なのに生き生きとした線で描かれる。そこには理屈の中で生きることに窮屈さを感じているような人間が、ハッとする瞬間が隠されている。アクの強いユーモアに笑い転げた後に、ふとしみじみとしてしまうような、不思議な読後感。世界を満たす不条理を、当たり前のこととして平然と受け流す流浪の生活者たちの懐の深さが味わえる。

 「で、ワガランナァーってどういう意味?」
   答えは本編の中で。

(横山雅啓)

第 5 位
ワガランナァー (アスペクトコミックス)


【著者】羽生生 純
【ランキング】440864 位
【出版社】アスキー
【発売】1998-06

第 6 位
恋と問 1 (ビームコミックス)


【著者】羽生生 純
【ランキング】186725 位
【出版社】KADOKAWA
【発売】2016-12-24

第 7 位
ルームロンダリング 上 (ビームコミックス)


【著者】羽生生 純
【企画・原案】片桐 健滋
【企画・原案】梅本 竜矢
【ランキング】85873 位
【出版社】KADOKAWA
【発売】2018-05-11

第 8 位
ルームロンダリング 下 (ビームコミックス)


【著者】羽生生 純
【企画・原案】片桐 健滋
【企画・原案】梅本 竜矢
【ランキング】121706 位
【出版社】KADOKAWA
【発売】2018-11-26

第 9 位
アワヤケ 1 (ビームコミックス)


【著者】羽生生 純
【ランキング】344693 位
【出版社】エンターブレイン
【発売】2007-02-26

第 10 位
アワヤケ 1 (ビームコミックス)


【著者】羽生生 純
【ランキング】344693 位
【出版社】エンターブレイン
【発売】2007-02-26

第 11 位
アワヤケ 2 (ビームコミックス)


【著者】羽生生 純
【ランキング】391953 位
【出版社】エンターブレイン
【発売】2007-02-26

第 12 位
いってミヨーン やってミヨーン 3 (ビームコミックス)


【著者】羽生生 純
【ランキング】300648 位
【出版社】エンターブレイン
【発売】2013-08-28

第 13 位
アワヤケ 3 (BEAM COMIX)


【著者】羽生生 純
【ランキング】357582 位
【出版社】エンターブレイン
【発売】2007-10-25

第 14 位
いってミヨーン やってミヨーン 2 (ビームコミックス)


【著者】羽生生純
【ランキング】317016 位
【出版社】エンターブレイン
【発売】2013-02-25

第 15 位
強者(つわもの)大劇場 (ビームコミックス)


【著者】羽生生 純
【ランキング】326322 位
【出版社】エンターブレイン
【発売】2002-11

【内容紹介】   1995年に発表された短編集『羽生生純の強者劇場』に、未発表作6編を加えたリニューアル版。250ページ以上の大ボリューム、全30編の中で、黒いユーモアが自由奔放に暴れ回る。

   たとえば「原因不明」という短編。この短編を構成するいくつかの要素は、どれを取っても、それ単体では既視感のある設定ばかり。娘を叱る厳格な父親、家族に反抗的な息子、宇宙人の地球侵略などなど。しかしその組みあわせ方があまりにもぶっ飛んでいる。また、1ページ目から2ページ目へ移った瞬間の、世界観の原因不明の飛躍には、漫画ならではの有無を言わせぬ破壊力がある。こういった設定の組み合わせの妙や、ヤケクソ気味にすら見える勢いは、収録されたほとんどの作品に顕著である。そしてこれらは、各短編の要所要所に時折漂うどこかいとおしいようなせつなさと共に、羽生生純の天性の持ち味と言えるだろう。

   本単行本には、傑作長編『ワガランナァー』の原型とも言うべき短編「キャンデーヅ」も収録されている。抜きん出てキャラの立った浮浪者3人・奇想天外な設定・爽快すぎるオチ、と素晴らしい内容。確かに、これは短編だけで終わらせるのは惜しい、と思わせる怪作である。

   見たことのあるものばかりで埋め尽くされた、見たことのない光景。羽生生純の、パロディ作家としての、またオリジナル作家としての見事な手腕が存分に堪能できる。心地良いくらいのスピードで、読者を突き放し、呆然とさせてくれる濃密な1冊。(横山雅啓)

第 16 位
サブリーズ (ビームコミックス)


【著者】羽生生 純
【ランキング】303241 位
【出版社】エンターブレイン
【発売】2002-11

第 17 位
アワヤケ 4 (BEAM COMIX)


【著者】羽生生 純
【ランキング】331978 位
【出版社】エンターブレイン
【発売】2008-06-25

第 18 位
グッド・バイ (リュエルコミックス)


【著者】羽生生 純
【その他】太宰 治
【ランキング】137601 位
【出版社】実業之日本社
【発売】2017-03-17