スポンサーリンク

村上もとかさんのAmazonランキング

第 1 位
本当の翻訳の話をしよう


【その他】村上 春樹
【その他】柴田 元幸
【ランキング】436 位
【出版社】スイッチパブリッシング
【発売】2019-05-09

第 2 位
ドールズフロントライン 電撃コミックアンソロジー2 (電撃コミックスNEXT)


【著者】MIYA*KI
【編集】上海散爆網絡科技有限公司
【編集】SUNBORN JAPAN
【ランキング】2695 位
【出版社】KADOKAWA
【発売】2019-04-26

第 3 位
SDGsの実践 ~自治体・地域活性化編~


【著者】事業構想大学院大学 出版部
【編集】事業構想大学院大学 出版部
【ランキング】534 位
【出版社】宣伝会議
【発売】2019-04-25

第 4 位
いま君に伝えたいお金の話


【著者】村上 世彰
【ランキング】593 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2018-09-06

第 5 位
騎士団長殺し 第2部: 遷ろうメタファー編(下) (新潮文庫)


【著者】村上 春樹
【ランキング】865 位
【出版社】新潮社
【発売】2019-03-28

第 6 位
異世界で土地を買って農場を作ろう 3 (オーバーラップノベルス)


【著者】岡沢六十四
【イラスト】村上ゆいち
【ランキング】4721 位
【出版社】オーバーラップ
【発売】2019-05-25

第 7 位
騎士団長殺し 第2部: 遷ろうメタファー編(上) (新潮文庫)


【著者】村上 春樹
【ランキング】1139 位
【出版社】新潮社
【発売】2019-03-28

第 8 位
臨床検査専門医が教える 異常値の読み方が身につく本


【著者】村上 純子
【ランキング】2028 位
【出版社】じほう
【発売】2018-03-05

第 9 位
新 13歳のハローワーク


【著者】村上龍
【イラスト】はまのゆか
【ランキング】1275 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2010-03-25

第 10 位
騎士団長殺し 第1部: 顕れるイデア編(下) (新潮文庫)


【著者】村上 春樹
【ランキング】1364 位
【出版社】新潮社
【発売】2019-02-28

第 11 位
騎士団長殺し 第1部: 顕れるイデア編(上) (新潮文庫)


【著者】村上 春樹
【ランキング】1953 位
【出版社】新潮社
【発売】2019-02-28

第 12 位
生涯投資家


【著者】村上 世彰
【ランキング】3823 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2017-06-21

第 13 位
そだちの科学 32号 発達障害の30年 (こころの科学)


【編集】滝川 一廣
【編集】杉山 登志郎
【編集】田中 康雄
【ランキング】5194 位
【出版社】日本評論社
【発売】2019-04-08

第 14 位
ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)


【著者】村上 春樹
【ランキング】26613 位
【出版社】講談社
【発売】2012-03-13

【内容紹介】暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は一九六九年、もうすぐ二十歳になろうとする秋のできごとを思い出し、激しく混乱し、動揺していた。限りない喪失と再生を描き新境地を拓いた長編小説。上下巻セット!!

第 15 位
ノルウェイの森 上下巻セット


【ランキング】198563 位
【出版社】講談社
【発売】

第 16 位
図解入門 よくわかる最新SAPの導入と運用 (How-nual図解入門Visual Guide Book)


【著者】村上 均
【監修】池上 裕司
【ランキング】2897 位
【出版社】秀和システム
【発売】2018-12-14

第 17 位
立方体の切断の攻略 (受験脳を作る)


【著者】村上綾一
【監修】村上綾一
【ランキング】1551 位
【出版社】学研プラス
【発売】2012-11-20

第 18 位
ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本


【著者】村上 由美
【ランキング】6680 位
【出版社】翔泳社
【発売】2018-03-14

第 19 位
日の名残り ノーベル賞記念版


【著者】カズオ イシグロ
【その他】村上 春樹
【翻訳】土屋 政雄
【ランキング】111795 位
【出版社】早川書房
【発売】2018-04-18

第 20 位
異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています 6 (Regina COMICS)


【著者】ふじま 美耶
【イラスト】村上 ゆいち
【ランキング】38395 位
【出版社】アルファポリス
【発売】2019-01-01

第 21 位
ある作家の夕刻-フィッツジェラルド後期作品集 (単行本)


【著者】スコット・フィッツジェラルド
【翻訳】村上 春樹
【ランキング】3771 位
【出版社】中央公論新社
【発売】2019-06-06

第 22 位
ソラモリ 1 (ヤングジャンプコミックス)


【著者】千葉 きよかず
【原著】村上 もとか
【ランキング】17315 位
【出版社】集英社
【発売】2019-01-18

第 23 位
海辺のカフカ (下) (新潮文庫)


【著者】村上 春樹
【ランキング】1148 位
【出版社】新潮社
【発売】2005-02-28

第 24 位
海辺のカフカ〈下〉


【著者】村上 春樹
【ランキング】128423 位
【出版社】新潮社
【発売】2002-09-12

【内容紹介】   15歳の誕生日に家を出た少年は、高松で「長いあいだ探し求めていた場所」と感じる私立図書館にたどり着く。館長の佐伯さんと手伝いの大島さんが運営するその図書館に、毎日のように通う少年。しかし8日目の夜、突然意識を失った少年は、神社の境内で血まみれになって倒れていることに気づく。一方、東京中野区で猫探しを仕事とする老人ナカタさんは、ある日、縦長の帽子をかぶり、長靴をはいた奇妙な男と出会う。第2次大戦中に起こった不可解な事件、「カラスと呼ばれる少年」、1枚の絵画と歌、殺人、少女の幽霊…。多元的で重層的に構築されていく物語たちはミステリアスに絡み合いながら、やがて高松へと収斂(しゅうれん)する。

   かつて『アンダーグラウンド』でオウム真理教の破壊的な物語と対峙した村上春樹は、それに拮抗(きっこう)するだけの力をもつ物語の再興を自らの命題とした。その命題へのチャレンジといえるのが本書である。『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の内的世界と、『ねじまき鳥クロニクル』で追求した歴史と個の関係は、より深化し、子どもの夢と大人たちのつくりあげた現実の狭間にある迷宮のなかで、さ迷い、成長していくひとりの「少年」へと結実した。そして、ギリシャ悲劇における親子のあり様や、『源氏物語』に登場する生霊などの文学的モチーフが巧みに取り入れられたストーリーは、強力な吸引力をもって読者を離さない。

   読み手は、ただ作品がもつ物語の力に身を任せていれば、多彩で奇妙なキャラクターたちや、息をもつかせぬ展開が、充実した読書体験を約束してくれる。そして読後、不思議な感動を味わい、涙を流すことになるだろう。多くの悲しい運命を背負った人たち、たくさんの「死の予感」が涙を誘うのではない。この物語のなかで、子どもから大人へと成長するにしたがい失ってきたものを発見するのだ。そうした自分にとって親密な記憶が、涙とともにとめどなくあふれてくる。(中島正敏)

第 25 位
海辺のカフカ (上) (新潮文庫)


【著者】村上 春樹
【ランキング】1454 位
【出版社】新潮社
【発売】2005-03-01

第 26 位
海辺のカフカ〈上〉


【著者】村上 春樹
【ランキング】122821 位
【出版社】新潮社
【発売】2002-09-12