スポンサーリンク

塩野干支郎次さんのAmazonランキング

第 1 位
ユーベルブラット(22) (ヤングガンガンコミックス)


【著者】塩野干支郎次
【ランキング】51109 位
【出版社】スクウェア・エニックス
【発売】2018-09-25

第 2 位
プニプニとサラサラ 1―あるいは模型部屋の少年と少女における表面張力と毛細 (ヤングキングコミックス)


【著者】塩野干支郎次
【ランキング】92299 位
【出版社】少年画報社
【発売】2018-08-30

第 3 位
ユーベルブラット(21) (ヤングガンガンコミックス)


【著者】塩野干支郎次
【ランキング】56550 位
【出版社】スクウェア・エニックス
【発売】2018-02-24

第 4 位
ユーベルブラット(20) (ヤングガンガンコミックス)


【著者】塩野干支郎次
【ランキング】60167 位
【出版社】スクウェア・エニックス
【発売】2017-07-25

第 5 位
ユーベルブラット(17) (ヤングガンガンコミックス)


【著者】塩野干支郎次
【ランキング】134603 位
【出版社】スクウェア・エニックス
【発売】2015-05-25

第 6 位
Ubel Blatt ユーベルブラット コミック 0-21巻 セット


【著者】塩野干支郎次
【ランキング】198893 位
【出版社】スクウェア・エニックス
【発売】2018-02-24

【内容紹介】七英雄によって闇の異邦(ヴィシュテヒ)が封じられ、帝国に束の間の平和が訪れてから20年後……。 辺境伯領近くの国境で、新たな騒乱が起ころうとしていた。 辺境の英雄として現れた剣士ケインツェルは、巨大な黒い剣を操り悪を打ちのめしていく。彼の正体は、20年前に反逆者の汚名を着せられ暗殺された「裏切りの槍」の一人、アシェリートであった。 彼の果たす目的はただひとつ。自分と仲間をあざ笑いながら切り刻み、闇の異邦の封印という手柄を奪った真の裏切り者=七英雄への復讐である。しかし時が経ち、帝国は七英雄の威光と統治によって安定した平和な世界となっていた。彼らを殺すことは、帝国を再び不安に陥れる危機になりかねない。それでもケインツェルは、七英雄を殺すための旅を続ける。