スポンサーリンク

五十嵐大介さんのAmazonランキング

第 1 位
魔女 第1集 (IKKI COMICS)


【著者】五十嵐 大介
【ランキング】16796 位
【出版社】小学館
【発売】2004-04-30

第 2 位
海獣の子供 (2) (IKKI COMIX)


【著者】五十嵐 大介
【ランキング】6647 位
【出版社】小学館
【発売】2007-07-30

第 3 位
海獣の子供 (3) (IKKI COMIX)


【著者】五十嵐 大介
【ランキング】11093 位
【出版社】小学館
【発売】2008-07-30

第 4 位
海獣の子供 (5) (IKKI COMIX)


【著者】五十嵐 大介
【ランキング】17384 位
【出版社】小学館
【発売】2012-07-30

第 5 位
海獣の子供 4 (IKKI COMIX)


【著者】五十嵐 大介
【ランキング】30837 位
【出版社】小学館
【発売】2009-07-30

第 6 位
海獣の子供 (1) (IKKI COMIX)


【著者】五十嵐 大介
【ランキング】10578 位
【出版社】小学館
【発売】2007-07-30

第 7 位
海獣の子供 全5巻完結セット (IKKI COMIX)


【著者】五十嵐 大介
【ランキング】2149 位
【出版社】小学館
【発売】2012-08-13

【内容紹介】海獣の子供 全5巻完結セット (IKKI COMIX)  です。

第 8 位
現代アメリカ政治とメディア


【著者】前嶋 和弘
【編集】前嶋 和弘
【編集】山脇 岳志
【編集】津山 恵子
【ランキング】41794 位
【出版社】東洋経済新報社
【発売】2019-04-19

第 9 位
魔女 2 (2) (IKKI COMICS)


【著者】五十嵐 大介
【ランキング】11661 位
【出版社】小学館
【発売】2005-01-28

第 10 位
ディザインズ(3) (アフタヌーンKC)


【著者】五十嵐 大介
【ランキング】26558 位
【出版社】講談社
【発売】2018-01-23

第 11 位
リトル・フォレスト(1) (ワイドKC)


【著者】五十嵐 大介
【ランキング】23685 位
【出版社】講談社
【発売】2004-08-23

第 12 位
リトル・フォレスト(2) (ワイドKC)


【著者】五十嵐 大介
【ランキング】23453 位
【出版社】講談社
【発売】2005-08-23

【内容紹介】リトルフォレスト1

第 13 位
ディザインズ(2) (アフタヌーンKC)


【著者】五十嵐 大介
【ランキング】78476 位
【出版社】講談社
【発売】2017-03-23

第 14 位
ウムヴェルト 五十嵐大介作品集 (アフタヌーンKC)


【著者】五十嵐 大介
【ランキング】39896 位
【出版社】講談社
【発売】2017-03-23

第 15 位
島はぼくらと


【著者】辻村 深月
【イラスト】五十嵐 大介
【ランキング】234020 位
【出版社】講談社
【発売】2013-06-05

【内容紹介】

辻村深月氏の直筆コメント辻村深月氏の直筆コメント





装画は『海獣の子供』の五十嵐大介氏が担当






























装画は
『海獣の子供』の五十嵐大介氏が担当

第 16 位
ディザインズ(1) (アフタヌーンKC)


【著者】五十嵐 大介
【ランキング】42753 位
【出版社】講談社
【発売】2016-02-23

第 17 位
はなしっぱなし 上


【著者】五十嵐 大介
【ランキング】25148 位
【出版社】河出書房新社
【発売】2014-05-22

第 18 位
そらトびタマシイ (KCデラックス アフタヌーン)


【著者】五十嵐 大介
【ランキング】39184 位
【出版社】講談社
【発売】2002-08-21

【内容紹介】   圧倒的なイメージの奔流を、繊細なペンタッチと奇想をもって、見事に紙の上に具現化する職人肌の表現者、五十嵐大介。寡作なことでも知られる彼の、ファンにとってはまさに待望の初短編集。「ああ、これだけのものはじっくりと時間をかけて作らなければ出来ないだろうな」と、勝手に納得してしまうほど、各作品の完成度は高い。

   たとえば「すなかけ」では、生まれてはじめて学校をさぼった少女が、体から砂の出る特異体質の女性に出会うことから始まり、魔法をかけられたかのように透き通った日常が描かれる。たんねんで細やかな人物や情景の描写は、そんな生活を大切にしたくなる少女の気持ちの変化を、実に自然なこととして読み手に感じさせる。一方で、繊細なあまり壊れてしまいそうなはかない雰囲気も、物語と絵の両面から少しずつかもし出されていく。そして、今までの穏やかな微風が突如突風となったかのように、ダイナミックなクライマックスに至る様は圧巻としか言いようがない。

   唐突に世界が開けるような驚くべき瞬間は、収録されたほかの短編にも立ち現れ、その息をのむようなまばゆい感動こそが、五十嵐作品の醍醐味(だいごみ)である。人間本位の考え方では説明のつかない奇々怪々な世界が描かれるため、ややグロテスクな面もあるが、すべてあるがままのものとして豊かに描かれるため、決して後味は悪くない。奇想天外を表現する最高の手段のひとつとしての漫画が堪能できる、鮮烈な1冊。(横山雅啓)

第 19 位
ねこの小児科医ローベルト


【著者】木地 雅映子
【イラスト】五十嵐 大介
【ランキング】15276 位
【出版社】偕成社
【発売】2019-03-01