スポンサーリンク

三神万里子さんのAmazonランキング

第 1 位
パラサイト・ミドルの衝撃サラリーマン― 45歳の憂鬱 NTT出版ライブラリーレゾナント016


【著者】三神 万里子
【ランキング】1019087 位
【出版社】NTT出版
【発売】2005-10-13

第 2 位
合併人事


【著者】三神 万里子
【ランキング】1072360 位
【出版社】翔泳社
【発売】2002-01

【内容紹介】   本書は、合併企業50社を実際に取材したジャーナリストと合併現場を体験した人事コンサルタントが、合併の実態を冷静かつ生々しく開示した本である。

   昨今、日本経済の厳しい状況下で、水平合併や企業集団内の合併が大幅に増加しているが、著者によると合併はコミュニケーションの交錯とアイデンティティーの崩壊を同時に招くという。その過程で、企業内で働く従業員は個人の価値観をゼロから定義し直す困難な作業に直面させられる。

   本書の狙いは、暗中模索で繰り広げられる合併人事の状況を可能な限り開示することによって、無用な誤解や混乱を避けて、従業員、企業人事部の人たちが正しく合併に対処するためのヒントを提供することにある。

   2部構成になっており、第1部では「エゴの衝突」と題して、合併の現場で何が起こるのか、日本企業および外資系企業の実例を織り交ぜて生々しく解説している。内容は社長の決まり方、人員削減、合併後の混乱などについて複数の企業実例が書かれている。

   第2部では「人のデューデリ」と題して、合併の際に避けて通れない人材評価・選別について解説されている。ここでは、実例を織り交ぜて従業員および管理職の能力評価、アセスメント(将来性選別)から始まって、合併人事に伴うキャリアや合併人事の理想と現実にまで踏み込んで書かれている。

   われわれが日ごろ新聞や雑誌などで見る合併に関する記事の多くは、表面的なきれいごとか、または誹謗中傷のゴシップに近いものかの両極端である。そのなかで本書は、複数の日本および外資系企業の実例を織り交ぜ、合併経験のある人事関係者の監修を受けたうえで書かれている。(木村昭二)

第 3 位
智場106


【著者】東浩紀
【編集】濱野智史
【編集】山根信二
【編集】井上明人
【ランキング】2064375 位
【出版社】国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
【発売】2006-03-25

第 4 位
これからはこの仕事!―時代を先取る24の新市場


【著者】三神 万里子
【ランキング】1410047 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2004-11

第 5 位
メガバンク決算―日・米・欧、どこが違うのか?


【著者】三神 万里子
【ランキング】1434797 位
【出版社】角川書店
【発売】2003-04