スポンサーリンク

FMEAについての初心者用の入門書

第 1 位
新FMEA技法 (信頼性技術叢書)


【著者】益田 昭彦
【監修】信頼性技術叢書編集委員会
【ランキング】111376 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】2012-11-01

第 2 位
ついてきなぁ!設計トラブル潰しに「匠の道具」を使え!―FMEAとFTAとデザインレビューの賢い使い方


【著者】國井 良昌
【ランキング】110196 位
【出版社】日刊工業新聞社
【発売】2010-12-01

第 3 位
本気で取り組むFMEA-全員参加・全員議論のトラブル未然防止-


【著者】上條 仁
【ランキング】204115 位
【出版社】日刊工業新聞社
【発売】2018-06-19

第 4 位
FMEAの基礎―故障モード影響解析


【著者】Robin E. McDermott
【翻訳】原田 陽史
【ランキング】161917 位
【出版社】日本規格協会
【発売】2010-09

第 5 位
図解 IATF 16949の完全理解: 自動車産業の要求事項からコアツールまで


【著者】岩波 好夫
【ランキング】49365 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】2017-04-14

第 6 位
中小企業に役立つFMEA実践ガイド


【著者】大津 亘
【ランキング】486007 位
【出版社】日本規格協会
【発売】2009-05

第 7 位
未然防止のための過去トラ集の作り方・使い方: 品質問題をゼロにするFMEA・DR実施方法


【著者】本田 陽広
【ランキング】395237 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】2019-05-17

第 8 位
図解IATF 16949 よくわかるコアツール: APQP・PPAP・FMEA・SPC・MSA


【著者】岩波 好夫
【ランキング】102949 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】2017-03-25

第 9 位
FMEA辞書―気づき能力の強化による設計不具合未然防止 (JSQC選書)


【著者】本田 陽広
【監修】日本品質管理学会
【ランキング】208175 位
【出版社】日本規格協会
【発売】2011-05

第 10 位
グローバルスタンダード時代における実践FMEA手法―品質管理と信頼性、保全性、安全性解析


【著者】小野寺 勝重
【ランキング】486365 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】1998-12-01

第 11 位
FMEAの基礎知識と活用事例―演習問題付き (シリーズ医療安全確保の考え方と手法)


【著者】飯田 修平
【ランキング】267320 位
【出版社】日本規格協会
【発売】2014-07

第 12 位
こんなにやさしい未然防止型QCストーリー


【著者】中條 武志
【ランキング】108112 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】2018-02-20

第 13 位
FMEA手法と実践事例―品質管理と信頼性、保全性、安全性解析、医療事故防止 (ISO9000品質システム構築に役立つ手法シリーズ)


【著者】小野寺 勝重
【ランキング】513925 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】2006-08-01

第 14 位
ついてきなぁ!『設計書ワザ』で勝負する技術者となれ!


【著者】國井 良昌
【ランキング】183451 位
【出版社】日刊工業新聞社
【発売】2009-04-01

第 15 位
進化型QFDによる技術情報の“使える化”: FMEA・DRBFM・品質工学・FTA・TRIZの効率的活用


【著者】岡 建樹
【ランキング】154742 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】2019-02-19

第 16 位
FMEA、FTAの活用 (日科技連信頼性工学シリーズ (7))


【著者】塩見 弘
【ランキング】583088 位
【出版社】日科技連
【発売】1983-01

第 17 位
「設計力」を支えるデザインレビューの実際


【著者】寺倉 修
【ランキング】93891 位
【出版社】日刊工業新聞社
【発売】2014-08-28

第 18 位
図解 ISO/TS16949コアツール できるFMEA・SPC・MSA


【著者】岩波 好夫
【ランキング】448006 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】2008-11-01

第 19 位
モノづくりにおける実践のDRBFM―より高い品質をめざした未然防止手法のすすめ


【著者】多田直弘
【ランキング】176136 位
【出版社】友月書房
【発売】2014-03

【内容紹介】トヨタで産声をあげて20年近く。DRBFMは自動車業界を中心に広く認知されてきている。 対象の「機能」を深く掘り下げ、作動を思い描くことで、問題点に気づく。これを基本に、設計・開発、生産工程を主な対象に、筆者なりの体系的な未然防止の具体的手法を読めば実行できる様に、わかり易く解説。 第1章 序説ー未然防止私見 第2章 DRBFM概説 第3章 各種DRBFMの具体的な進め方 第4章 補説ー共通の注意事項 第5章 実施事例 付章 FTA

第 20 位
FMEA・FTA実施法―信頼性・安全性解析と評価


【著者】鈴木 順二郎
【ランキング】568116 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】1998-03

【内容紹介】FMEA (Failure Mode and Effects Analysis:故障モードと影響解析)は、システムやプロセスの構成要素に起こりうる故障モードを予測し、考えられる原因や影響を事前に解析・評価することで設計・計画上の問題点を摘出し、事前対策の実施を通じてトラブル未然防止を図る手法です。 FMEAでは、設計FMEA、工程FMEA、作業FMEA、設備FMEAなど個々の業務に応じた様々なものがあります。

第 21 位
リスク分析工学―FTA、FMEA、PERT、田口メソッドの活用法


【著者】Marvin L.Roush
【ランキング】897808 位
【出版社】丸善出版
【発売】2005-09-01

第 22 位
トヨタ式未然防止手法GD3―いかに問題を未然に防ぐか


【著者】吉村 達彦
【ランキング】123803 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】2002-09-01

第 23 位
品質リスクの見える化による未然防止の進め方: FMP分析を活用した品質クレーム・ヒューマンエラー・設備事故の未然防止


【著者】今里 健一郎
【ランキング】383445 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】2017-09-21

第 24 位
日産自動車における未然防止手法Quick DR


【著者】大島 恵
【ランキング】215074 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】2012-02-01

第 25 位
FMEA・FTA実施法―信頼性・安全性解析と評価 (1982年)


【著者】鈴木 順二郎
【ランキング】1409057 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】1982-03

第 26 位
図解 新ISO 9001: リスクベースのプロセスアプローチから要求事項まで


【著者】岩波 好夫
【ランキング】436796 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】2017-06-17

第 27 位
Risk Management and FMEA for Product Development 4th Edition: Your illustrated guide to reducing time-to-market through risk management and FMEA [並行輸入品]


【著者】does not apply
【ランキング】 位
【出版社】Rapidinnovation LLC
【発売】2007-01-25

第 28 位
FMEAの基礎―故障モード影響解析


【著者】Robin E. Mcdermott
【翻訳】今井 義男
【ランキング】904106 位
【出版社】日本規格協会
【発売】2003-11

第 29 位
リスク分析工学―FTA、FMEA、PERT、田口メソッドの活用法


【著者】ジョン・X. ワング
【原著】John X. Wang
【原著】Marvin L. Routh
【翻訳】日本技術士会
【ランキング】668572 位
【出版社】丸善
【発売】2003-12

第 30 位
FMEAの基礎知識と活用事例―演習問題付き (シリーズ医療安全確保の考え方と手法)


【著者】飯田 修平
【ランキング】1393470 位
【出版社】日本規格協会
【発売】2010-07

第 31 位
Probabilistic Risk Assessment Procedures Guide for NASA Managers and Practitioners: Second Edition


【著者】NASA
【ランキング】633591 位
【出版社】Independently published
【発売】2018-11-05

第 32 位
Civil Aircraft Electrical Power System Safety Assessment: Issues and Practices


【著者】Peng Wang
【ランキング】287791 位
【出版社】Butterworth-Heinemann
【発売】2017-06-28

第 33 位
FMEAの基礎知識と活用事例 (シリーズ医療安全確保の考え方と手法 2)


【著者】柳川 達生
【編さん】飯田 修平
【ランキング】1282512 位
【出版社】日本規格協会
【発売】2007-07

第 34 位
医療事故の予見的対策―医療のFMEA実践ガイド


【翻訳】久繁 哲徳
【翻訳】車谷 典男
【ランキング】1547587 位
【出版社】じほう
【発売】2004-10-01

第 35 位
FAILURE MODE EFFECT ANALYSIS(FMEA) (RRL/07)


【著者】RAMESH LAKHE
【ランキング】 位
【出版社】Independently published
【発売】2018-07-09

第 36 位
Case study ppap msa fmea control plan pfd sops 7 step problem solving spc


【著者】FULBODH CHAUDHARY
【ランキング】1143495 位
【出版社】Independently published
【発売】2016-12-10

第 37 位
FMEA - Einfuehrung und Moderation: Durch systematische Entwicklung zur uebersichtlichen Risikominimierung (inkl. Methoden im Umfeld)


【編集】Martin Werdich
【ランキング】 位
【出版社】Vieweg+Teubner Verlag
【発売】2012-12-22

第 38 位
Die Qualitaetstechnik FMEA als Lerninstrument in Organisationen


【寄稿】Patrick Stahl
【ランキング】 位
【出版社】Deutscher Universitaetsverlag
【発売】1997-05-15

第 39 位
Concept and case study FMEA and control plan


【著者】FULBODH CHAUDHARY
【ランキング】440148 位
【出版社】Independently published
【発売】2016-12-10

第 40 位
Independent Orbiter Assessment (IOA): Assessment of the rudder/speed brake subsystem FMEA/CIL


【著者】National Aeronautics and Space Administration NASA
【ランキング】 位
【出版社】Independently published
【発売】2018-11-05

入門書FMEA

Posted by info