スポンサーリンク

内部監査についての初心者用の入門書

第 1 位
公認内部監査人資格認定試験対応 内部監査基本テキスト〈第3版〉


【著者】水島 正
【ランキング】20414 位
【出版社】中央経済社
【発売】2018-01-18

第 2 位
これだけは知っておきたい 取締役・監査役・監査部長等にとっての内部監査(改訂版)


【著者】川村 眞一
【ランキング】107656 位
【出版社】同文舘出版
【発売】2018-09-07

第 3 位
これだけは知っておきたい内部監査の基本(六訂版)


【著者】川村 眞一
【ランキング】39709 位
【出版社】同文舘出版
【発売】2016-07-28

第 4 位
図解 一番はじめに読む内部監査の本 (第2版)


【著者】野坂 晃史
【監修】久保 惠一
【ランキング】33568 位
【出版社】東洋経済新報社
【発売】2010-07-09

第 5 位
内部監査のプロが書く 監査報告書の指摘事項と改善提案


【著者】藤井 範彰
【ランキング】158459 位
【出版社】同文舘出版
【発売】2016-11-25

第 6 位
専門職的実施の国際フレームワーク 2017年版


【著者】内部監査人協会
【ランキング】23098 位
【出版社】日本内部監査協会
【発売】2017

【内容紹介】 「専門職的実施の国際フレームワーク(IPPF)」は、内部監査人協会(The Institute of Internal Auditors(IIA))が公表している正式なガイダンスを体系化した
「考え方(概念)のフレームワーク」です。
IPPFは、世界中の内部監査の専門職が必要とする最新かつ適切な情報を提供しています。
  IPPFには、「必須のガイダンス」と「推奨されるガイダンス」が含まれています。
 「必須のガイダンス」
  •「内部監査の専門職的実施の基本原則」
  •「内部監査の定義」
  •「倫理綱要」
  •「内部監査の専門職的実施の国際基準(「基準」)」
 「推奨されるガイダンス」
  •「実施ガイダンス」
  •「補足的ガイダンス」
 この「IPPF 2017年版」には、「内部監査の使命」、「内部監査の専門職的実施の基本原則」、「内部監査の定義」、「倫理綱要」、「基準」および「実施ガイダンス」を掲載しています。
「補足的ガイダンス」については、IIA国際本部のホームページでご確認ください。   (本書より)

第 7 位
今から始める・見直す 内部統制の仕組みと実務がわかる本


【著者】浅野 雅文
【ランキング】50769 位
【出版社】中央経済社
【発売】2019-03-06

第 8 位
これだけは知っておきたい内部監査の実務(三訂版)


【著者】川村 眞一
【ランキング】133410 位
【出版社】同文舘出版
【発売】2016-02-20

第 9 位
会計不正の予防・発見と内部監査-リスク・マネジメントとガバナンス強化に向けた活用-


【その他】清原健
【その他】武井洋一
【その他】三宅英貴
【ランキング】196080 位
【出版社】同文舘出版
【発売】2019-04-23

第 10 位
GLEIM CIA Review Seventeenth Edition Part 1 日本語版


【著者】Irvin N Gleim
【編集】一般社団法人日本内部監査協会
【ランキング】60167 位
【出版社】日本内部監査協会
【発売】2015-03

【内容紹介】
● 主な内容 ●
CIA(公認内部監査人)試験学習書の定番『GLEIM CIA Review』の新しい日本語版がこのたび刊行されました。英語の第17版の日本語訳であり、3パート構成の試験に対応した内容となっています。本書は、そのPart1です。
Part2は、2015年9月に発行しました。Part3は、2015年12月8日に販売を開始しました。
本書の目的はCIA認定資格試験を目指す皆様が、自身の力で合格する手助けをすることです。 本書では、試験のPart1で出題される主題を、全7章のわかりやすい単位で網羅しています。また、各章の最後にある練習問題を解くことによって、より効率的な理解へと導きます。安価で使いやすく、最大の学習効果を得られるツールとなっております。
なお、本書はCIA認定資格試験への合格を保証するものではありません。
主な目次
第1章 拘束的な性格を持つガイダンス
第2章 独立性、客観性および専門職としての正当な注意
第3章 コントロール:類型と技法
第4章 コントロール・フレームワークと不正
第5章 サンプリング
第6章 データの収集とデータの分析
第7章 報告、監査調書および証拠
付録A IIA「用語一覧」
付録B CIA試験出題トピック
付録C Part1で取り扱うIIA「基準」および「実践要綱」の項目

第 11 位
2015年版対応 ISO9001/14001内部監査のチェックポイント222-有効で本質的なマネジメントシステムへの改善


【著者】国府 保周
【ランキング】198782 位
【出版社】日本規格協会
【発売】2018-03-16

第 12 位
第62回内部監査実施状況調査結果-2017年度における各社の内部監査テーマ・要点集


【著者】一般社団法人日本内部監査協会
【ランキング】 位
【出版社】一般社団法人日本内部監査協会
【発売】2019

【内容紹介】概要
日本内部監査協会では、「内部監査実施状況調査」として、各社の内部監査部門によってどのような事項が監査対象として取り上げられたか、また内部監査実施の現在の傾向がどのような状況にあるのか、といった点を把握することを目的として、毎年、本調査を実施いたしてきております。
今回は、各社において、2017年度(2017年4月~2018年3月)に実施された内部監査のテーマ・内容(要点)をアンケートにより調査・集計した結果になります(回答数1,262社、うち有効回答1,257社)。
調査結果の解説・所見を、九州大学大学院経済学研究院の丸田 起大氏(教授 博士(経済学))にお願いしております。 業務ご多用の折り、本調査にご協力いただきました皆さまに厚く御礼申し上げますとともに、本調査結果が皆さまのご参考となれば幸いに存じます。


目次
1. 調査結果の発表に当たって
2. 調査要領
3. 調査結果の概要
4. 解説・所見 九州大学大学院経済学研究院 丸田 起大
5. 調査結果:監査対象業務別に見た内部監査実施状況
A. 購買業務
B. 外注管理業務
C. 製造業務
D. 営業業務
E. 経理業務
F. 棚卸資産管理業務
G. 固定資産管理業務
H. 総務・人事・厚生業務
I. 情報システム
J. 全般管理・組織・制度
K. 関係会社とその管理業務
L. 物流業務
M. 研究開発業務
N. 環境管理業務
O. その他

第 13 位
財務・決算プロセスの管理 (【内部管理の実務・3】)


【編集】東陽監査法人
【ランキング】58458 位
【出版社】中央経済社
【発売】2019-04-06

第 14 位
購買・生産・販売プロセスの管理 (【内部管理の実務・2】)


【編集】東陽監査法人
【ランキング】39134 位
【出版社】中央経済社
【発売】2019-04-06

第 15 位
内部管理の基本と実践 (【内部管理の実務・1】)


【編集】東陽監査法人
【ランキング】119756 位
【出版社】中央経済社
【発売】2019-04-06

第 16 位
増補改訂版 内部監査力パワーアップの秘訣!!


【編集】一般財団法人 日本品質保証機構(JQA)
【ランキング】184737 位
【出版社】日販アイ・ピー・エス
【発売】2018-11-21

第 17 位
三訂/勘定科目別 不正・誤謬を見抜く実証手続と監査実務


【著者】EY新日本有限責任監査法人
【ランキング】18641 位
【出版社】清文社
【発売】2019-04-20

第 18 位
内部監査人室―内部監査人のための実践読本


【著者】阿久沢 栄夫
【ランキング】271066 位
【出版社】文芸社
【発売】2004-12-01

第 19 位
現代の実践的内部監査


【著者】川村 眞一
【編集】一般社団法人日本内部監査協会
【ランキング】180317 位
【出版社】同文舘出版
【発売】2018-02-15

第 20 位
海外子会社の内部統制評価実務


【著者】EY新日本有限責任監査法人
【ランキング】235357 位
【出版社】同文舘出版
【発売】2018-07-26

第 21 位
CIA試験模擬問題集2017


【著者】一般社団法人日本内部監査協会
【ランキング】25473 位
【出版社】一般社団法人日本内部監査協会
【発売】2017

【内容紹介】1972 年12 月、内部監査人協会(The Institute of Internal Auditors / IIA) のProfessional Certification Board(旧Board of Regents)が公認内部監査人(Certified Internal Auditor®/ CIA®)資格認定制度を設置して以来、CIA試験は、専門職の業務の変容ならびに試験実施方法の変更を反映し改訂を重ねてまいりました。

『CIA 試験模擬問題集2017』は、広く関係者にCIA試験の内容と形式を知らせることを意図したものであり、出版社等の発行するCIA支援対策教材に代替するものではありません。
この問題集の各設問は過去問題または新規に作成された問題ですが、受験者がこれを通じて試験の傾向を知ることができるよう、設問の形式、長さ、内容について試験問題の見本とするものです。
この問題集での解答結果がいかようであっても、受験者が実際のCIA 資格認定試験でどのような結果を得るかを保証するものではありません。

目次
1.出題トピック
2.試験模擬問題<PART1:102問、PART2・3:各100問>
3.試験模擬問題の解答と解説

第 22 位
これですべてがわかる内部統制の実務〈第4版〉


【著者】箱田順哉
【編集】一般社団法人日本経営調査士協会
【ランキング】48320 位
【出版社】中央経済社
【発売】2018-07-25

第 23 位
内部監査の実践ガイド: 16講でわかる基本と業務別監査


【著者】島田 裕次
【ランキング】422091 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】2018-06-15

第 24 位
ISO/IEC 27001 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS) 内部監査の実務と応用


【著者】羽田 卓郎
【編集】羽田 卓郎
【ランキング】125924 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】2019-05-23

第 25 位
内部監査の品質評価マニュアル 2017年版


【著者】一般社団法人日本内部監査協会
【ランキング】525400 位
【出版社】一般社団法人日本内部監査協会
【発売】2019

【内容紹介】最新版の『内部監査の品質評価マニュアル 2017年版』は、内部監査人協会(The Institute of Internal Auditors:以下、IIA)の「内部監査の専門職的実施の国際基準」(以下、「基準」)の2017年1月1日の改訂を反映したものです。また本マニュアルは、2013年の旧版の発行以降に寄せられた内部監査の実務家による提言も反映し改善しました。 今回の2017年版の改訂にあたり、前回(2013年版)の『内部監査の品質評価マニュアル』を見直しました。2013年版の品質評価プロセスのコンセプト・デザインは創造的で洞察に富み、また品質評価プロセスがもたらす極めて意味のある方法で価値を再確認しました。その結果、今回は専門職としてのガイダンスの改訂に伴う必要な変更、およびこのプロセスをより良くするための内部監査専門家の洞察を取り入れることを意図した改訂にとどめ、コンセプト・デザインおよびフレームワークは変更しないこととしました。 「基準」では、業種、民間企業や公的機関の種別、人員規模などにかかわらず、すべての内部監査部門が品質のアシュアランスと改善のプログラムを構築し、維持することを求めています。日本内部監査協会の「内部監査品質評価ガイド」(PDF925KB)によれば、当協会の「内部監査基準」やIIAの「基準」に基づく品質評価は、IIAの「Quality Assessment Manual」または同等なガイダンスとツール、および「内部監査品質評価ガイド」に基づき実施すべきとしています。日本の内部監査の品質評価の実施には、本マニュアルと「内部監査品質評価ガイド」を併用することが重要です。あらゆる企業の組織体の内部監査部門の品質向上に活用していただけるマニュアルです。

第 26 位
経営者と会社を動かす内部監査の課題解決法20


【著者】藤井 範彰
【ランキング】40363 位
【出版社】税務経理協会
【発売】2012-03-01

第 27 位
内部監査実務全書―基準・マニュアル・チェックリスト


【著者】日本内部監査協会
【ランキング】570507 位
【出版社】日本内部監査協会
【発売】2013-11

【内容紹介】国際社会ではグローバルな視点からの公正なルールに則った企業・経営者行動が要請されています。そのような情勢下、企業の内部監査体制の整備やその運用について、より一層の充実・強化が求められています。本書はこのような観点に立って、内部監査を効率的・効果的に実践していくために1997(平成9)年に初版が発刊されました。
このたび発刊いたしました第四版では、第三版までバインダー式であったのを1冊の冊子にまとめ、電子書籍版を付属のDVD-ROMに収録しております。
本書があらゆる企業や組織体で活躍される内部監査人の方々や監査関係者に、また、これから上場申請をなさる場合の内部監査部門の設立に当たって有益な資料として、監査実務の現場でご活用いただければ、幸いに存じます。
※ 第四版は、第三版(上・下巻)を1冊の冊子にしたもので内容の変更はありません。既にご購入済みのかたはご注意ください。
※DVD-ROMのみの頒布はいたしません。
目次
第一部 内部監査基準・実践要綱篇
第二部 内部監査実施体制の整備・確立篇
内部監査実施体制およびその運営に関するレビューマニュアル
内部監査実務マニュアル
第三部 内部監査チェックリスト篇

※付録(DVD‐ROM)について
付録((DVD‐ROM))においては、「切り抜き機能」(*)等、一部ご利用いただけない機能があります。なにとぞご了承ください。
*「切り抜き機能」とは、電子書籍の任意の範囲を指定して、画像を切り抜き保存する機能。

第 28 位
中堅・中小組織の内部監査


【著者】近江 正幸
【ランキング】213418 位
【出版社】白桃書房
【発売】2014-10-03

【内容紹介】中堅・中小組織の内部監査   の書籍です。

第 29 位
図解 ISO 9001/IATF 16949 プロセスアプローチ内部監査の実践: パフォーマンス改善・適合性の監査から有効性の監査へ


【著者】岩波 好夫
【ランキング】17535 位
【出版社】日科技連出版社
【発売】2017-10-25

第 30 位
内部監査入門 (KINZAIバリュー叢書)


【著者】日本金融監査協会
【ランキング】355092 位
【出版社】きんざい
【発売】2013-04-23

第 31 位
内部監査人のためのIT監査とITガバナンス


【著者】一般社団法人 日本内部監査協会 編
【ランキング】268507 位
【出版社】同文舘出版
【発売】2018-09-28

第 32 位
不正事例で基礎から学ぶ コーポレートガバナンス新時代の内部統制


【著者】青野 奈々子
【ランキング】12402 位
【出版社】第一法規
【発売】2019-02-27

第 33 位
内部統制プロジェクト実務ハンドブック


【編集】優成監査法人
【ランキング】232863 位
【出版社】白桃書房
【発売】2010-07-01

第 34 位
改訂三版 情報セキュリティ内部監査の教科書 (NextPublishing)


【編集】特定非営利活動法人日本セキュリティ監査協会
【ランキング】406418 位
【出版社】インプレスR&D
【発売】2017-12-01

第 35 位
図解 海外子会社マネジメント入門: ガバナンス、リスクマネジメント、コンプライアンスから内部監査まで


【著者】毛利 正人
【ランキング】80509 位
【出版社】東洋経済新報社
【発売】2014-07-11

第 36 位
金融機関の規制対応と内部監査


【編集】PwCあらた有限責任監査法人
【ランキング】546269 位
【出版社】中央経済社
【発売】2017-09-21

第 37 位
バリューアップ 内部監査Q&A


【編集】一般社団法人日本内部監査協会
【ランキング】404093 位
【出版社】同文舘出版
【発売】2018-04-04

第 38 位
公認内部監査人資格認定試験対応 内部監査基本テキスト〈第2版〉


【著者】水島 正
【ランキング】279888 位
【出版社】中央経済社
【発売】2013-04-27