スポンサーリンク

パターン認識についての初心者用の入門書

第 1 位
パターン認識と機械学習 上


【著者】C.M. ビショップ
【監訳】元田 浩
【監訳】栗田 多喜夫
【監訳】樋口 知之
【ランキング】28127 位
【出版社】丸善出版
【発売】2012-04-05

第 2 位
はじめてのパターン認識


【著者】平井 有三
【ランキング】10391 位
【出版社】森北出版
【発売】2012-07-31

第 3 位
パターン認識と機械学習 下 (ベイズ理論による統計的予測)


【著者】C.M. ビショップ
【監訳】元田 浩
【監訳】栗田 多喜夫
【監訳】樋口 知之
【ランキング】20680 位
【出版社】丸善出版
【発売】2012-02-29

第 4 位
わかりやすいパターン認識


【著者】石井 健一郎
【ランキング】53488 位
【出版社】オーム社
【発売】1998-08-01

第 5 位
続・わかりやすいパターン認識―教師なし学習入門―


【著者】石井 健一郎
【ランキング】77895 位
【出版社】オーム社
【発売】2014-08-26

第 6 位
データサイエンス教本 Pythonで学ぶ統計分析・パターン認識・深層学習・信号処理・時系列データ分析


【著者】橋本 洋志
【ランキング】27973 位
【出版社】オーム社
【発売】2018-12-01

第 7 位
入門パターン認識と機械学習


【著者】後藤 正幸
【ランキング】77913 位
【出版社】コロナ社
【発売】2014-03-30

第 8 位
統計的学習の基礎 ―データマイニング・推論・予測―


【著者】Trevor Hastie
【翻訳】杉山 将
【翻訳】井手 剛
【翻訳】神嶌 敏弘
【ランキング】186205 位
【出版社】共立出版
【発売】2014-06-25

第 9 位
ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装


【著者】斎藤 康毅
【ランキング】484 位
【出版社】オライリージャパン
【発売】2016-09-24

第 10 位
統計的パターン認識と判別分析 (シリーズ 情報科学における確率モデル 1)


【著者】栗田 多喜夫
【ランキング】247645 位
【出版社】コロナ社
【発売】2018-12-21

第 11 位
フリーソフトでつくる音声認識システム パターン認識・機械学習の初歩から対話システムまで


【著者】荒木 雅弘
【ランキング】69031 位
【出版社】森北出版
【発売】2017-04-04

第 12 位
統計的機械学習―生成モデルに基づくパターン認識 (Tokyo Tech Be‐TEXT)


【著者】杉山 将
【ランキング】37657 位
【出版社】オーム社
【発売】2009-09-01

第 13 位
世界でもっとも強力な9のアルゴリズム


【著者】ジョン・マコーミック
【翻訳】長尾高弘
【ランキング】109709 位
【出版社】日経BP社
【発売】2012-07-19

第 14 位
なぜパターン認識だけで腎病理は読めないのか?


【著者】長田道夫
【ランキング】191230 位
【出版社】医学書院
【発売】2017-05-20

第 15 位
Pythonではじめる機械学習 ―scikit-learnで学ぶ特徴量エンジニアリングと機械学習の基礎


【著者】Andreas C. Muller
【翻訳】中田 秀基
【ランキング】3300 位
【出版社】オライリージャパン
【発売】2017-05-25

第 16 位
機械学習スタートアップシリーズ ベイズ推論による機械学習入門 (KS情報科学専門書)


【著者】須山 敦志
【監修】杉山 将
【ランキング】12058 位
【出版社】講談社
【発売】2017-10-21

第 17 位
認識とパタン (1978年) (岩波新書)


【著者】渡辺 慧
【ランキング】210866 位
【出版社】岩波書店
【発売】1978-01-20

【内容紹介】実用書

第 18 位
機械学習 ─データを読み解くアルゴリズムの技法─


【著者】ピーター フラッハ
【監修】竹村 彰通
【翻訳】竹村 彰通
【翻訳】田中 研太郎
【ランキング】299069 位
【出版社】朝倉書店
【発売】2017-04-10

第 19 位
教養としての認知科学


【著者】鈴木 宏昭
【ランキング】82293 位
【出版社】東京大学出版会
【発売】2016-01-23

第 20 位
パターン認識と機械学習 下 - ベイズ理論による統計的予測


【著者】C. M. ビショップ
【翻訳】元田 浩
【翻訳】栗田 多喜夫
【翻訳】樋口 知之
【ランキング】974814 位
【出版社】シュプリンガー・ジャパン株式会社
【発売】2008-07-11

第 21 位
パターン認識 (Rで学ぶデータサイエンス 5)


【著者】金森 敬文
【編集】金 明哲
【ランキング】398001 位
【出版社】共立出版
【発売】2009-10-23

第 22 位
強化学習


【著者】Richard S.Sutton
【ランキング】139804 位
【出版社】森北出版
【発売】2000-12-01

第 23 位
深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ)


【著者】岡谷 貴之
【ランキング】4555 位
【出版社】講談社
【発売】2015-04-08

第 24 位
[第2版]Python 機械学習プログラミング 達人データサイエンティストによる理論と実践 (impress top gear)


【著者】Sebastian Raschka
【その他】福島真太朗
【翻訳】株式会社クイープ
【ランキング】4457 位
【出版社】インプレス
【発売】2018-03-16

第 25 位
パターン認識と機械学習 上 - ベイズ理論による統計的予測


【著者】C. M. ビショップ
【翻訳】元田 浩
【翻訳】栗田 多喜夫
【翻訳】樋口 知之
【ランキング】801640 位
【出版社】シュプリンガー・ジャパン株式会社
【発売】2007-12-10

第 26 位
データ解析のための統計モデリング入門――一般化線形モデル・階層ベイズモデル・MCMC (確率と情報の科学)


【著者】久保 拓弥
【ランキング】4065 位
【出版社】岩波書店
【発売】2012-05-19

第 27 位
画像認識 (機械学習プロフェッショナルシリーズ)


【著者】原田 達也
【ランキング】48302 位
【出版社】講談社
【発売】2017-05-25

第 28 位
統計的パターン認識入門


【著者】浜本 義彦
【ランキング】924664 位
【出版社】森北出版
【発売】2009-07-17

第 29 位
統計学入門 (基礎統計学Ⅰ)


【編集】東京大学教養学部統計学教室
【ランキング】772 位
【出版社】東京大学出版会
【発売】1991-07-09

第 30 位
パターン認識と学習の統計学―新しい概念と手法 (統計科学のフロンティア 6)


【著者】甘利 俊一
【ランキング】222030 位
【出版社】岩波書店
【発売】2003-04-11

第 31 位
パターン認識と機械学習の学習―ベイズ理論に負けないための数学


【著者】光成 滋生
【ランキング】474297 位
【出版社】暗黒通信団
【発売】2017-07-01

第 32 位
フリーソフトでつくる音声認識システム パターン認識・機械学習の初歩から対話システムまで


【著者】荒木 雅弘
【ランキング】299049 位
【出版社】森北出版
【発売】2007-10-01

第 33 位
パターン認識と学習の統計学――新しい概念と手法【統計科学のフロンティア6】 (岩波オンデマンドブックス)


【著者】麻生 英樹
【ランキング】1206737 位
【出版社】岩波書店
【発売】2018-04-12

第 34 位
パターン認識のためのサポートベクトルマシン入門


【著者】阿部 重夫
【ランキング】232600 位
【出版社】森北出版
【発売】2011-04-09

第 35 位
パターン認識と機械学習の学習―ベイズ理論に挫折しないための数学


【著者】光成 滋生
【編さん】竹迫 良範
【ランキング】515511 位
【出版社】暗黒通信団
【発売】2012-07

第 36 位
スピリチュアル・マシーン―コンピュータに魂が宿るとき


【著者】レイ カーツワイル
【原著】Ray Kurzweil
【翻訳】田中 三彦
【翻訳】田中 茂彦
【ランキング】36755 位
【出版社】翔泳社
【発売】2001-05

【内容紹介】雑誌レビューより スピリチュアル・マシーン コンピュータに  シリコンチップによる「知的生命」の可能性を論じた本だ。単なるアルゴリズムとしての人工知能ではなく、自分が自分であると自覚し、世界の不思議を問い続ける「実存」としての人工知性が、近い将来に作れるという刺激的な結論を導いている。  著者カーツワイルは、アメリカの人工知能研究者。というよりも八面六臂の発明家として有名な人物だ。コンピューターによる作曲を高校生の時から試み、大学卒業後は視覚障害者向けの文書読み上げシステムを開発し、その過程で知り合った盲目の音楽家スティービー・ワンダーと共に、高音質シンセサイザーのブランド「Kurzweil」を立ち上げた。  そんな知的に「ハジけた」人物の本だから、論旨も一筋縄ではいかない。まず、物理的なカオス現象への考察から、きわめて独創的な時間論を導き、その結果として、生物進化の最先端に現在の科学技術があるとする。つまり、生物進化と技術進歩は連続したもので、生物進化の正当な後継者として科学技術は進歩していると主張するのだ。その上で、科学技術の進歩は指数関数的に加速していると指摘し、コンピューターが自我を持つことも遠い未来ではないと結論する。  人間がシリコン知性体を生み出すというアイデアは、SF小説ならそう珍しいものではない。むしろ本書の特徴は、著者のあくまで楽天的に科学技術を信頼する姿勢にある。 (ノンフィクションライター 松浦 晋也) (日経パソコン 2001/07/09 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.) -- 日経BP企画