スポンサーリンク

船山馨さんのAmazonランキング

第 1 位
続お登勢 (角川文庫)


【著者】船山 馨
【ランキング】2874469 位
【出版社】角川書店
【発売】1977-10

第 2 位
お登勢 (講談社文庫)


【著者】船山 馨
【ランキング】842041 位
【出版社】講談社
【発売】2001-04

第 3 位
お登勢


【著者】船山馨
【ランキング】3144210 位
【出版社】毎日新聞出版
【発売】1978-11

第 4 位
お登勢 (角川文庫)


【著者】船山 馨
【ランキング】380190 位
【出版社】角川書店
【発売】2001-05

第 5 位
茜いろの坂 (1980年)


【著者】船山 馨
【ランキング】316029 位
【出版社】新潮社
【発売】1980-09

第 6 位
石狩平野 (1967年)


【著者】船山 馨
【ランキング】170997 位
【出版社】河出書房
【発売】1967

【内容紹介】商品) 1967船山馨『 石狩平野 』 / 河出書房 / 帯有 1967年 9月11日 再版発行 大きさ:14×19 重量:580g 【商品の状態】個人購入後の個人保管ですので経年の色焼け、使用感あります。 【その他】他にも類似商品を多数出品しております。ぜひご覧ください。

第 7 位
お登勢〈続〉 (1973年)


【著者】船山 馨
【ランキング】746071 位
【出版社】毎日新聞社
【発売】1973

【内容紹介】続編は北海道新聞日曜版に書き継がれた。太陽暦に改元された明治六年の正月から明治十一年(北海道払い下げ事件の三年前)、睦太郎と結ばれたお登勢が身ごもるまで。1973(昭和48)年9月20日毎日新聞社から刊行されている。続編の原稿依頼があったのは、正編が出た翌年の六月、翌72年の六月から一年間の連載であった。  ひと握りの朝・勝者と敗者・光と影・麻布第三官園・五分の魂・積乱雲・蛍火・暁闇・馬と狼・対流・咸臨丸・落葉舞う・南風・西南戦争・遠い声・終章の十六章からなる続編は、お雇い外国人エドウィン・ダンについて牧畜を学ぶ成長した甥仙吉や官軍に親を殺されて心を閉ざした少女らを登場人物に加えて展開する。  正篇で、野生馬の調教に心を燃やしたお登勢は、さらに行動的に北海道の大地に息づく。そんなお登勢のいる静内に渡って開墾に専心する睦太郎を、旧稲田家臣団はかつての稲田事件の恩讐をこえて迎え入れる。   「えらい人って云うより、えらいってことがいけないような気がするんです。なんの力もなくて、貧乏に暮らしているときは温かくやさしい心を持っていて、他人に自分を押しつけたり、支配したりしようなんて思ったこともない人でも、お役人にでもなると、その途端に人が変わってしまうんですもの」 「権力は人を毒する、というわけか」(続お登勢・積乱雲)    続編では、お登勢らの厳しい開拓生活にも幾らかは光明が見えてくる所為もあって、時代に翻弄されながらも真っ直ぐに活きる人々の姿が快く響く。

第 8 位
石狩平野〈続〉 (1968年)


【著者】船山 馨
【ランキング】447854 位
【出版社】河出書房
【発売】1968

第 9 位
続お登勢 (1977年) (角川文庫)


【著者】船山 馨
【ランキング】708410 位
【出版社】角川書店
【発売】1977-10

第 10 位
お登勢 (1969年)


【著者】船山 馨
【ランキング】794504 位
【出版社】毎日新聞社
【発売】1969

第 11 位
石狩平野 上巻 (新潮文庫 ふ 6-1)


【著者】船山 馨
【ランキング】571525 位
【出版社】新潮社
【発売】1971-01

第 12 位
新選組興亡録 (角川文庫)


【著者】司馬 遼太郎
【ランキング】179658 位
【出版社】角川書店
【発売】2003-10-01

第 13 位
船山馨小説全集〈第2巻〉黄昏人間 (1976年)


【著者】船山 馨
【ランキング】897106 位
【出版社】河出書房新社
【発売】1976

第 14 位
落日の門 (河出文庫)


【著者】船山 馨
【ランキング】865975 位
【出版社】河出書房新社
【発売】1985-01

【内容紹介】頼朝・頼家・実朝 ― 平家を倒し、権力の頂点をきわめた源氏三代の背後に忍び寄る北条一族の黒い影……頼朝とともに鎌倉幕府を築き、尼将軍の異名をとった政子の野望と血族への愛惜の葛藤を軸に繰りひろげられる非情な策謀と熾烈な暗闘。梶原・畠山・和田ら、源氏を支えた有力武士集団が次々と潰滅して行く果てに、源氏の大いなる落日が待受けていた ― 巨匠が心魂を注いだ長篇歴史絵巻! (解説頁・尾崎秀樹)

第 15 位
蘆火野 (1973年)


【著者】船山 馨
【ランキング】872551 位
【出版社】朝日新聞社
【発売】1973

第 16 位
蘆火野〈上・下〉 (1978年) (角川文庫)


【著者】船山 馨
【ランキング】1368086 位
【出版社】角川書店
【発売】1978-01

第 17 位
花と濤〈上巻〉 (1976年)


【著者】船山 馨
【ランキング】1344656 位
【出版社】河出書房新社
【発売】1976

【内容紹介】花と濤〈上巻〉 (1976年) 船山 馨

第 18 位
茜いろの坂 (新潮文庫)


【著者】船山 馨
【ランキング】683304 位
【出版社】新潮社
【発売】1984-01

第 19 位
幕末剣士伝 (1981年) (河出文庫)


【著者】船山 馨
【ランキング】1234573 位
【出版社】河出書房新社
【発売】1981-08

第 20 位
石狩平野 (下) (新潮文庫)


【著者】船山 馨
【ランキング】704588 位
【出版社】新潮社
【発売】1971-01

第 21 位
石狩平野〈下〉


【著者】船山 馨
【ランキング】1637476 位
【出版社】河出書房新社
【発売】1989-02

第 22 位
茜いろの坂 上下巻セット


【著者】船山馨
【ランキング】1435118 位
【出版社】新潮社
【発売】1980-10-25

第 23 位
石狩平野〈上〉


【著者】船山 馨
【ランキング】1450903 位
【出版社】河出書房新社
【発売】1989-02

第 24 位
蘆火野 (あしびの)


【著者】船山 馨
【ランキング】1077828 位
【出版社】河出書房新社
【発売】1989-03

第 25 位
わが愛する芸人たち (1977年)


【著者】城山 三郎
【ランキング】1886394 位
【出版社】北洋社
【発売】1977-07

第 26 位
見知らぬ橋 (1971年)


【著者】船山 馨
【ランキング】1239578 位
【出版社】講談社
【発売】1971

第 27 位
龍馬参上 (新潮文庫)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】1674566 位
【出版社】新潮社
【発売】2010-09-29

第 28 位
幕末の暗殺者 (1967年)


【著者】船山 馨
【ランキング】1838280 位
【出版社】現代書房
【発売】1967

第 29 位
船山馨小説全集〈第1巻〉北国物語 (1975年)


【著者】船山 馨
【ランキング】1351477 位
【出版社】河出書房新社
【発売】1975

第 30 位
幕末の暗殺者―定本 (1969年)


【著者】船山 馨
【ランキング】1091689 位
【出版社】広済堂出版
【発売】1969

第 31 位
放浪家族 (1970年)


【著者】船山 馨
【ランキング】1838320 位
【出版社】河出書房新社
【発売】1970

第 32 位
幕末の女たち (1981年) (河出文庫)


【著者】船山 馨
【ランキング】1377733 位
【出版社】河出書房新社
【発売】1981-10

【内容紹介】坂本龍馬の妻となりながら、龍馬の没後三十年を失意のうちに生きたお龍。父親が龍馬の暗殺者であったことを証明するために生涯の執念を燃やして老いた女。日本最後の仇討ち“筑前黒田藩主邸事件”の影に泣いた少女お玉。周囲の避難にもめげず公然と異人を愛した江戸の町娘の心意気……日本の夜明けに咲き、散った女たちの流転の人生を深い共感をこめて描く、傑作「幕末剣士伝」の姉妹篇!

第 33 位
野望 (1958年)


【著者】船山 馨
【ランキング】2139758 位
【出版社】光風社
【発売】1958

第 34 位
船山馨小説全集〈第4巻〉夜の傾斜 (1975年)


【著者】船山 馨
【ランキング】2123372 位
【出版社】河出書房新社
【発売】1975

第 35 位
海の壁 (1983年) (河出文庫)


【著者】船山 馨
【ランキング】1972765 位
【出版社】河出書房新社
【発売】1983-09

第 36 位
お登勢〈下〉 (文庫コレクション―大衆文学館)


【著者】船山 馨
【ランキング】1483934 位
【出版社】講談社
【発売】1997-07

第 37 位
花すすき (1977年)


【著者】船山 馨
【ランキング】1991432 位
【出版社】河出書房新社
【発売】1977-02

第 38 位
お登勢〈上〉 (文庫コレクション―大衆文学館)


【著者】船山 馨
【ランキング】1486724 位
【出版社】講談社
【発売】1997-06