スポンサーリンク

石原慎太郎さんのAmazonランキング

第 1 位
天才


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】42202 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2016-01-22

【内容紹介】書店で購入の際、カバーをつけていただきました。その状態で 一度読んだのみですので、非常にきれいです。

第 2 位
天才 (幻冬舎文庫)


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】8418 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2018-01-24

第 3 位
太陽の季節 (新潮文庫)


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】103354 位
【出版社】新潮社
【発売】1957-08-07

第 4 位
弟 (幻冬舎文庫)


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】169081 位
【出版社】幻冬舎
【発売】1999-06-01

第 5 位


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】412809 位
【出版社】幻冬舎
【発売】1996-07-01

第 6 位
男の粋な生き方 (幻冬舎文庫)


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】240348 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2018-04-10

第 7 位
男の粋な生き方


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】298603 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2016-04-03

第 8 位
日本よ、完全自立を (文春新書)


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】168355 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2018-10-19

第 9 位
老いてこそ人生


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】177703 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2002-06

第 10 位
老いてこそ人生 (幻冬舎文庫)


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】209048 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2003-07-01

第 11 位
救急病院 (幻冬舎文庫)


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】306789 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2019-04-10

第 12 位
談志 名跡問答


【著者】立川 談志
【ランキング】289901 位
【出版社】扶桑社
【発売】2012-04-03

第 13 位
火の島 (幻冬舎文庫)


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】280246 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2018-12-13

第 14 位
芥川賞全集 第五巻


【著者】五味 康祐
【ランキング】462617 位
【出版社】文藝春秋
【発売】1982-06-21

第 15 位
法華経を生きる (幻冬舎文庫)


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】321526 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2000-08-01

第 16 位
法華経を生きる


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】510940 位
【出版社】幻冬舎
【発売】1998-12

【内容紹介】この世は目には見えない『大きな仕組み』の中にある。その『仕組み』を少しでも理解できれば我々の人生はもっと豊かで有意義なものになるだろう。それを解く鍵が釈迦等が残した法華経の中にある。著者の数十年の実践からこれを平易に解き明かし、生と死という根源的問題にまで言及した、混沌の時代を生き抜くための全く新しい法華経ノート

第 17 位
秘祭 (新潮文庫)


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】128226 位
【出版社】新潮社
【発売】1988-07

第 18 位
秘祭


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】1089798 位
【出版社】新潮社
【発売】1984-01

第 19 位
国家なる幻影―わが政治への反回想


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】329006 位
【出版社】文藝春秋
【発売】1999-01

第 20 位
太陽の季節


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】587678 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2002-07

第 21 位
1964年の東京オリンピック : 「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか


【著者】三島 由紀夫
【編集】石井 正己
【ランキング】207737 位
【出版社】河出書房新社
【発売】2014-01-21

第 22 位
子供あっての親―息子たちと私 (幻冬舎文庫)


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】375841 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2007-10

第 23 位
挑戦 (新潮文庫)


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】1298080 位
【出版社】新潮社
【発売】1971

第 24 位
生還 (新潮文庫)


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】833406 位
【出版社】新潮社
【発売】1991-10

【内容紹介】1987年8月『新潮』に掲載された中編で、それまで政治家として知られた石原の、作家としての復活作とされ、不遇な文学者に与えられる平林たい子文学賞を受賞した。  男は体の異変を感じ、医者から、末期の胃癌だと診断され、一時は抗がん剤治療を受けるが、田沼という獣医の勧めもあり、田沼が開発したがん治療薬を飲みながら、妻子とも別れて、海辺の家に一人とじこもり、三年半、遂にがんは完治してしまう。だが家へ帰ると、妻は男の友人の川野と結婚したいと言いだす。しかし川野は、男が死んでしまうという思いから妻とできたので、離婚は成立するが、川野は結婚を拒否する。男は、何か自分が自然の摂理を犯してしまったように思う。 1970年代に書かれた二つの短編も併録。

第 25 位
生還


【著者】石原 慎太郎
【ランキング】1088464 位
【出版社】新潮社
【発売】1988-09