スポンサーリンク

玄侑宗久さんのAmazonランキング

第 1 位
分冊文庫版 鉄鼠の檻 4


【著者】京極 夏彦
【解説】正木 晃
【解説】玄侑 宗久
【ランキング】108116 位
【出版社】講談社
【発売】2005-11-15

第 2 位
NHK「100分de名著」ブックス 荘子


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】127135 位
【出版社】NHK出版
【発売】2016-08-23

第 3 位
現代語訳 般若心経 (ちくま新書 (615))


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】20763 位
【出版社】筑摩書房
【発売】2006-09-01

第 4 位
花咲う 被災地の櫻と復興


【その他】玄侑 宗久
【写真】青柳 健二
【ランキング】344109 位
【出版社】廣済堂出版
【発売】2013-02-27

第 5 位
荘子と遊ぶ 禅的思考の源流へ (筑摩選書)


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】186041 位
【出版社】筑摩書房
【発売】2010-10-15

第 6 位
中陰の花 (文春文庫)


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】191351 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2005-01-07

第 7 位
中陰の花


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】119168 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2001-08-30

【内容紹介】   第125回芥川賞受賞作。予知能力を持つという「おがみや」ウメさんの臨終に際して、禅寺の住職則道とその妻圭子の織り成す会話から、「死とは何か」「魂とは何か」を見つめた作品。先に発表された第124回芥川賞候補作『水の舳先』では、死を間近に控えた人々がそれぞれに救いを求める様子を描いていたが、本作は肉体的な死を迎えた後、いわゆる「死後の世界」を主なテーマにおいている。

   虫の知らせ、三途の川、憑依、そして成仏。それら、生きている者には確かめようのない民間信仰や仏教理念に、僧・則道が真摯に向き合っていく。ともすると、専門的、宗教的すぎてしまう題材ではあるが、「人は死んだらどうなんの」といった無邪気な言葉を発する妻の存在が、一般の読者にも身近な内容へと引き寄せてくれる。また、則道が、ネットサーフィンで「超能力」を検索する様子や、病院でエロ本を眺める場面など、自らが現役の僧侶である著者ならではの宗教人の等身大の姿が、物語に親近感を持たせていると言えよう。

   表題『中陰の花』のイメージとして使われている妻が作る「紙縒タペストリー」の幻想的な華やかさが、いまひとつリアルに伝わってこないのが残念ではあるが、これまで追ってきた厳粛なテーマをすべて包み込むような関西弁の台詞でのエンディングが、読後にやわらかく、心地よい余韻を与えてくれる。(冷水修子)

第 8 位
三世(さんぜ)をみつめる―日本人の未来・現在・過去 仏教闘論


【著者】ひろ さちや
【ランキング】331160 位
【出版社】ビジネス社
【発売】2004-12-01

第 9 位
禅的生活 (ちくま新書)


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】213538 位
【出版社】筑摩書房
【発売】2003-12-09

第 10 位
医師と僧侶が語る 死と闘わない生き方 (ディスカヴァー携書)


【著者】玄侑宗久
【その他】土橋重隆
【ランキング】159858 位
【出版社】ディスカヴァー・トゥエンティワン
【発売】2015-02-26

第 11 位
死んだらどうなるの? (ちくまプリマー新書)


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】89074 位
【出版社】筑摩書房
【発売】2005-01-25

第 12 位
同時代禅僧対談 “問い”の問答


【著者】南 直哉
【ランキング】325827 位
【出版社】佼成出版社
【発売】2008-01-01

第 13 位
流れにまかせて生きる 変化に応じる「観音力」の磨き方


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】293399 位
【出版社】PHP研究所
【発売】2013-04-13

第 14 位
アミターバ―無量光明


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】280619 位
【出版社】新潮社
【発売】2003-04

【内容紹介】   齢80を前に肝臓のガンで入院した女性の、闘病、死、そして死後の様子を、患者本人の語りでつづった物語。生への希望を持ち、病と治療の痛みに耐えて過ごす入院当初。徐々に近づいてくる死への不安を、僧侶である娘婿を相手に語り合い乗り越える中盤。やがて死を迎えた主人公は、光となって残された者の間を舞う。「人が死ぬとはどういうことなのか」。この万人の疑問をやわらげてくれる、芥川賞作家と僧侶という二足の草鞋を履く著者ならではの作品である。

   作中、「地獄はあるのか」との主人公の問いに、物理学を交えながら懸命に答えようとする娘婿の態度が興味深い。宗教を押し付けるのではなく、しかし、信じることは大切であると伝えたい婿の存在は、常に、「生と死」「宗教とは何か」を見つめ続けてきた、著者の姿を映しているといえよう。また、本書には、亡くなった夫との再会や、天使のような少女の出現、死後の意識などのオカルティックな要素が登場するにもかかわらず、うさんくささがない。それは、病が進行するにつれて時間の感覚が揺らぎ現実と過去と夢が交錯する様子や、「意識がない」状態でありながら痛みの表情を顔ににじませる様など、実際に死に逝く人を目前にしたことのある者には納得のいく描写が織り込まれているからであろう。今、死に直面している人々、あるいは大切な人の死を受け入れねばならない人々に、特にすすめたい1冊である。(冷水修子)

第 15 位
アミターバ―無量光明 (新潮文庫)


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】373740 位
【出版社】新潮社
【発売】2007-04-25

第 16 位
ないがままで生きる (SB新書)


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】239999 位
【出版社】SBクリエイティブ
【発売】2016-01-07

第 17 位
光の山 (新潮文庫)


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】316928 位
【出版社】新潮社
【発売】2016-02-27

第 18 位
息の発見 (学研M文庫)


【著者】五木 寛之
【ランキング】827180 位
【出版社】学研パブリッシング
【発売】2013-03

第 19 位
仙厓(せんがい) 無法の禅


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】139384 位
【出版社】PHP研究所
【発売】2015-06-12

第 20 位
光の山


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】694112 位
【出版社】新潮社
【発売】2013-04

第 21 位
私だけの仏教 あなただけの仏教入門 (PHP文庫)


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】405899 位
【出版社】PHP研究所
【発売】2014-03-05

第 22 位
まわりみち極楽論―人生の不安にこたえる


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】691750 位
【出版社】朝日新聞社
【発売】2003-06

【内容紹介】「長い目で見れば人間はウソをつけない」「幸福を目指すほど不幸になる」「嫌いな人と出逢う意味とは」「体が言うことを聞く言葉とは」……今後の人生に不安を抱える若者から危機にある中高年まで、老若男女を問わず、生き悩んでいるすべての人の心に、芥川賞作家でもある現役の僧侶が正面から向き合う。お釈迦さまの教えにしたがい、現世でこそ体と心が「楽」になる方法を示唆した、優しく深い人生相談

第 23 位
私だけの仏教 あなただけの仏教入門 (講談社+α新書)


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】502745 位
【出版社】講談社
【発売】2003-05-21

第 24 位
禅と脳―「禅的生活」が脳と身体にいい理由


【著者】有田 秀穂
【ランキング】105008 位
【出版社】大和書房
【発売】2005-05

第 25 位
仏教・キリスト教 死に方・生き方 (PHP文庫)


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】287560 位
【出版社】PHP研究所
【発売】2013-03-05

第 26 位
仏教・キリスト教 死に方・生き方 (講談社+α新書)


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】323486 位
【出版社】講談社
【発売】2005-02-21

第 27 位
まわりみち極楽論―人生の不安にこたえる (朝日文庫)


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】372261 位
【出版社】朝日新聞社
【発売】2006-11

第 28 位
無功徳


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】316524 位
【出版社】海竜社
【発売】2008-10

第 29 位
無功徳 (PHP文芸文庫)


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】890921 位
【出版社】PHP研究所
【発売】2012-11-17

第 30 位
面白くてよくわかる!般若心経―こだわりを捨て、自分を知る大人の教科書


【監修】玄侑 宗久
【ランキング】123845 位
【出版社】アスペクト
【発売】2010-11-01

第 31 位
無常という力: 「方丈記」に学ぶ心の在り方 (新潮文庫)


【著者】玄侑 宗久
【ランキング】324110 位
【出版社】新潮社
【発売】2014-06-27

第 32 位
四季の公案


【著者】玄侑宗久
【ランキング】285052 位
【出版社】佼成出版社
【発売】2011-01-28