スポンサーリンク

梅原克文さんのAmazonランキング

第 1 位
テュポーンの楽園


【著者】梅原 克文
【ランキング】315395 位
【出版社】KADOKAWA
【発売】2018-03-24

第 2 位
二重螺旋の悪魔〈下〉 (角川ホラー文庫)


【著者】梅原 克文
【ランキング】627901 位
【出版社】角川書店
【発売】1998-12

第 3 位
二重螺旋の悪魔〈下〉 (ソノラマノベルス)


【著者】梅原 克文
【ランキング】1611949 位
【出版社】朝日ソノラマ
【発売】1993-08

第 4 位
二重螺旋の悪魔〈上〉 (角川ホラー文庫)


【著者】梅原 克文
【ランキング】564158 位
【出版社】角川書店
【発売】1998-12

第 5 位
二重螺旋の悪魔 完全版 (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)


【著者】梅原 克文
【イラスト】開田 裕治
【ランキング】300169 位
【出版社】創土社
【発売】2015-03-27

第 6 位
カムナビ〈下〉 (角川ホラー文庫)


【著者】梅原 克文
【ランキング】971914 位
【出版社】角川書店
【発売】2002-11

第 7 位
ソリトンの悪魔(上)ー日本推理作家協会賞受賞作全集(84) (双葉文庫) (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)


【著者】梅原 克文
【ランキング】729310 位
【出版社】双葉社
【発売】2010-06-10

第 8 位
カムナビ〈上〉


【著者】梅原 克文
【ランキング】1011084 位
【出版社】角川書店
【発売】1999-10

第 9 位
カムナビ〈上〉 (角川ホラー文庫)


【著者】梅原 克文
【ランキング】939331 位
【出版社】角川書店
【発売】2002-11

第 10 位
カムナビ〈下〉


【著者】梅原 克文
【ランキング】995385 位
【出版社】角川書店
【発売】1999-10

第 11 位
ソリトンの悪魔(下)-日本推理作家協会賞受賞作全集(85) (双葉文庫) (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)


【著者】梅原 克文
【ランキング】798906 位
【出版社】双葉社
【発売】2010-06-10

第 12 位
心臓狩り (2)シャーマンの一族 (角川ホラー文庫)


【著者】梅原 克文
【イラスト】toi8
【ランキング】793821 位
【出版社】角川書店(角川グループパブリッシング)
【発売】2011-06-23

第 13 位
サイファイ・ムーン


【著者】梅原 克文
【ランキング】656408 位
【出版社】集英社
【発売】2001-09-26

第 14 位
心臓狩り (1) 移植された悪夢 (角川ホラー文庫)


【著者】梅原 克文
【イラスト】toi8
【ランキング】775674 位
【出版社】角川書店(角川グループパブリッシング)
【発売】2011-05-25

第 15 位
心臓狩り (3)異形の領域 (角川ホラー文庫)


【著者】梅原 克文
【イラスト】toi8
【ランキング】792986 位
【出版社】角川書店(角川グループパブリッシング)
【発売】2011-07-23

第 16 位
ソリトンの悪魔〈下〉 (ソノラマ文庫ネクスト)


【著者】梅原 克文
【イラスト】生頼 範義
【ランキング】1038400 位
【出版社】朝日ソノラマ
【発売】1998-12

第 17 位
ソリトンの悪魔〈下〉 (ソノラマノベルス)


【著者】梅原 克文
【ランキング】1534152 位
【出版社】朝日ソノラマ
【発売】1995-08

第 18 位
ソリトンの悪魔〈上〉 (ソノラマ文庫ネクスト)


【著者】梅原 克文
【イラスト】生頼 範義
【ランキング】1080507 位
【出版社】朝日ソノラマ
【発売】1998-12

第 19 位
ソリトンの悪魔〈上〉 (ソノラマノベルス)


【著者】梅原 克文
【ランキング】1671485 位
【出版社】朝日ソノラマ
【発売】1995-07

第 20 位
二重螺旋の悪魔〈上〉 (ソノラマノベルス)


【著者】梅原 克文
【ランキング】1578183 位
【出版社】朝日ソノラマ
【発売】1993-08

第 21 位
[まとめ買い] 心臓狩り


【著者】梅原 克文
【イラスト】toi8
【ランキング】 位
【出版社】
【発売】

【内容紹介】難病を発症し心臓移植を受けることになった堤雅之。手術は無事成功するが、すぐに雅之は奇怪な現象に悩まされ始める。嗜好の急激な変化、左足を引きずる癖、手首の異常な痒み、そして何者かに殺される悪夢──。様々な状況から雅之は、折しも世を騒がせている、有名人を殺して心臓を奪う謎の連続殺人犯に関係したドナーの記憶が自分に移植されたのでは、と疑いを抱く。さらに雅之の肉体には恐るべき異変が生じてきて──!?