スポンサーリンク

木々高太郎さんのAmazonランキング

第 1 位
人生の阿呆 (創元推理文庫)


【著者】木々 高太郎
【ランキング】278810 位
【出版社】東京創元社
【発売】1988-07

第 2 位
日本探偵小説全集〈7〉木々高太郎集 (創元推理文庫)


【著者】木々 高太郎
【ランキング】526337 位
【出版社】東京創元社
【発売】1985-05-22

第 3 位
推理小説入門 (光文社文庫)


【著者】木々 高太郎
【ランキング】735579 位
【出版社】光文社
【発売】2005-09-08

第 4 位
おら!オラ!オラクル


【著者】木脇 高太郎
【ランキング】734009 位
【出版社】翔泳社
【発売】2003-05-27

【内容紹介】 「起動や停止にもびびってしまい、初期化パラメータ1つ変えるにもおじけづいたりしているのだろう。そして不毛な議論に多くの時間が費やされていく。」(「まえがき」より)

   Oracleに携わる多くのエンジニアにとって、耳の痛い言葉だろう。確かに、ミッションクリティカルなシステムに何らかの操作を加える際は、その責任から慎重にならざるを得ない現実もある。しかし、「操作の結果どうなってしまうのかわからない」という不安から、過剰に慎重になってはいないだろうか。

   あなたは、秘密結社・おらオラ教団の手先となり、トラブルの種を撒き散らしつつ自ら解決し、楽してお金をもうけるというミッションを与えられる。そんな設定の元、インデックスをダメにしたりREDOファイルに大量に書き込みを行ったりして、その現象を理解したうえで回復させる術を身につけさせてくれるのが本書だ。いわゆるQ&A的リファレンスではなく、1週間は時間をかけてじっくり読み込むべきテキストであるが、突き放した語り口で懇切丁寧に教えてくれる文章は読みやすく、決して苦痛にはならないだろう。

   「ポップでマニアックなOracle読本」のサブタイトルが示すとおり、確かにマニアックである。しかし、そのマニアックさは決して独りよがりなものではなく、マニュアルや教育からは得られない、現場で必要とされる知識の追求にほかならない。本書の体裁には賛否両論あるかもしれないが、しかつめらしい技術書になりかねない内容について、見せ方に工夫を凝らしている点を評価したい。 (大脇太一)

第 5 位
人生の阿呆


【著者】木々 高太郎
【ランキング】1879838 位
【出版社】沖積舎
【発売】2002-11-29

第 6 位
(029)湖 (百年文庫)


【著者】フィッツジェラルド
【ランキング】1053520 位
【出版社】ポプラ社
【発売】2010-10-12

第 7 位
光とその影・決闘 (講談社大衆文学館―文庫コレクション)


【著者】木々 高太郎
【ランキング】1404152 位
【出版社】講談社
【発売】1997-11

第 8 位
網膜脈視症―他4編 (春陽文庫)


【著者】木々 高太郎
【ランキング】1394970 位
【出版社】春陽堂書店
【発売】1997-10

第 9 位
地盤・土構造物のリスクマネジメント―地盤崩壊・液状化のメカニズムとその解析、監視、防災対策


【著者】鳥居 宣之
【ランキング】2144719 位
【出版社】エヌ・ティー・エス
【発売】2018-01-18

第 10 位
三面鏡の恐怖 (KAWADEノスタルジック 探偵・怪奇・幻想シリーズ)


【著者】木々高太郎
【ランキング】637931 位
【出版社】河出書房新社
【発売】2018-03-03

第 11 位
日本推理作家協会賞受賞作全集 (2) (双葉文庫)


【著者】木々 高太郎
【ランキング】1108456 位
【出版社】双葉社
【発売】1995-05

第 12 位
木々高太郎探偵小説選 (論創ミステリ叢書)


【著者】木々 高太郎
【監修】横井 司
【ランキング】1392553 位
【出版社】論創社
【発売】2010-06-01

第 13 位
君らの魂を悪魔に売りつけよ―新青年傑作選 (角川文庫)


【著者】石浜 金作
【編集】中島 河太郎
【ランキング】1139900 位
【出版社】角川書店
【発売】2000-11

第 14 位
Oracle PL/SQLプログラミング 基礎編


【著者】スティーブン フォウアスタイン
【原著】Steven Feuerstein
【原著】Bill Pribyl
【翻訳】原 陽一
【ランキング】1022666 位
【出版社】オライリー・ジャパン
【発売】2001-09

【内容紹介】   OracleのPL/SQL言語について、言語仕様や各言語要素などプログラミングに必要な情報を体系的にまとめるとともに、実際のプログラミングにおけるノウハウを多くのサンプルコードを交えて紹介している。リファレンスの形式をとってはいるが、内容は単なるPL/SQLの機能リファレンスにとどまらない。

 「効率のよいプログラミングとは何か?」。これは、PL/SQLに限らず、すべての言語を扱うプログラマーにとって、おそらく永遠に正解にたどり着くことのできない普遍的な問いかけであろう。

   本書は、PL/SQLを使った効率の良いプログラミングについて、数多くのヒントを提供している。たとえば、VARCHAR2を使用する場合に陥りやすい問題点や、暗黙カーソルを用いる場合の欠点等を著者の経験に基づいて具体的に指摘しながら、バグが発生しにくくメンテナンスが容易なPL/SQLのプログラミング手法を解説している。これらの方法論は、これからPL/SQLでの開発に携わる初級者にはもちろん有益であり、また、PL/SQLの機能の多くを理解している上級者にも、いま一度立ち止まって自らのプログラミングを見直すよい機会を与えてくれる。

   本書の原著は、『Oracle PL/SQL Programming 2nd Edition』である。邦訳出版の際に「基礎編」と「応用編」に分冊されているが、実際には「基礎編」、「応用編」を通して、ひとつのストーリーが展開されているため、この2冊を切り離すことは難しい。従って、「効率のよいプログラミング」を十分に理解するために、「基礎編」と「応用編」はセットで購入することを強くおすすめしたい。ちなみに構成は、PL/SQLを使用するにあたっての心構え(起:基礎編I部)で始まり、PL/SQLの言語機能や要素についての説明部分(承:基礎編II部~IV部)、つづいてOracle8の新機能群についての説明(転:応用編I部)、そして、本書において著者が最も重視している「効率のよいプログラミング」を作成するための方法論(結:応用編II部)で最後を締めくくっている。

 「基礎編」の各部の内容は以下の通り。
    I部 PL/SQLのプログラミング
PL/SQLの主な機能の紹介とともに、適切に構造化され、読みやすいプログラムを書くために、身につけるべきプログラミング習慣や効果的なコーディングスタイルについてアドバイスされている。
   II部 PL/SQLの基本要素
   PL/SQLの基本的な言語要素(変数、カーソル、条件と分岐制御、ループ、例外処理、PL/SQLレコード、PL/SQL表)について、サンプルコードを交えながら紹介されている。
   III部 組み込み関数
PL/SQLでは多くの事前定義関数が提供されている。それらの組み込み関数(文字関数、日付関数、数値関数、変換関数)の使用方法について紹介されている。
   IV部 モジュラコード
   PL/SQLの構造化プログラミングについて解説されている。再利用性や信頼性の高いプログラムを作成するために、プロシージャーやパッケージ等を使用して構造化を進めることの重要性を説いている。(石井昌紀)

第 15 位
Oracle PL/SQLプログラミング 応用編 第2版


【著者】スティーブン フォウアスタイン
【原著】Steven Feuerstein
【原著】Bill Pribyl
【翻訳】原 陽一
【ランキング】1465457 位
【出版社】オライリー・ジャパン
【発売】2001-09-01

【内容紹介】   OracleのPL/SQL言語について、言語仕様や各言語要素などプログラミングに必要な情報を体系的にまとめるとともに、実際のプログラミングにおけるノウハウを多くのサンプルコードを交えて紹介している。リファレンスの形式をとってはいるが、内容は単なるPL/SQLの機能リファレンスにとどまらない。

 「効率のよいプログラミングとは何か?」。これは、PL/SQLに限らず、すべての言語を扱うプログラマーにとって、おそらく永遠に正解にたどり着くことのできない普遍的な問いかけであろう。

   本書は、PL/SQLを使った効率の良いプログラミングについて、数多くのヒントを提供している。たとえば、VARCHAR2を使用する場合に陥りやすい問題点や、暗黙カーソルを用いる場合の欠点等を著者の経験に基づいて具体的に指摘しながら、バグが発生しにくくメンテナンスが容易なPL/SQLのプログラミング手法を解説している。これらの方法論は、これからPL/SQLでの開発に携わる初級者にはもちろん有益であり、また、PL/SQLの機能の多くを理解している上級者にも、いま一度立ち止まって自らのプログラミングを見直すよい機会を与えてくれる。

   本書の原著は、『Oracle PL/SQL Programming 2nd Edition』である。邦訳出版の際に「基礎編」と「応用編」に分冊されているが、実際には「基礎編」、「応用編」を通して、ひとつのストーリーが展開されているため、この2冊を切り離すことは難しい。従って、「効率のよいプログラミング」を十分に理解するために、「基礎編」と「応用編」はセットで購入することを強くおすすめしたい。ちなみに構成は、PL/SQLを使用するにあたっての心構え(起:基礎編I部)で始まり、PL/SQLの言語機能や要素についての説明部分(承:基礎編II部~IV部)、つづいてOracle8の新機能群についての説明(転:応用編I部)、そして、本書において著者が最も重視している「効率のよいプログラミング」を作成するための方法論(結:応用編II部)で最後を締めくくっている。

 「応用編」の各部の内容は以下の通り。
   I部 PL/SQL8新機能
   PL/SQL8で新しく提供された新機能(オブジェクト型、ネストされた表、VARRAY、オブジェクトビュー、外部プロシージャー)について、オブジェクト指向プログラミングの概念を交えながら解説している。
   II部 プログラミングの実践
   PL/SQLのコード管理やデバッグ方法、チューニング方法など、品質の高いモジュールを作成するための方法論をまとめている。
   III部 付録
   付録AではPL/SQLバージョン1.1からのストアドプロシージャーを呼び出す場合の制限について解説している。付録Bでは、Oracleが構築して開発者に提供している組み込みパッケージのうち、よく使用されるものについて、簡潔に使用方法がまとめられている。(石井昌紀)

第 16 位
風間光枝探偵日記 (論創ミステリ叢書)


【著者】木々 高太郎
【ランキング】1514152 位
【出版社】論創社
【発売】2007-10

第 17 位
推理小説入門―一度は書いてみたい人のために (1960年)


【著者】林 髞
【編集】木々高太郎
【編集】有馬 頼義
【ランキング】1805422 位
【出版社】光文社
【発売】1960

第 18 位
産院


【著者】木々高太郎
【ランキング】 位
【出版社】朝日新聞社
【発売】1949-12-10

第 19 位
連続探偵小説 詩と暗號


【著者】木々高太郎
【ランキング】 位
【出版社】新太陽社
【発売】1947-06-05

第 20 位
新月


【著者】木々高太郎
【ランキング】 位
【出版社】新太陽社
【発売】1946-12-15

第 21 位
あなたはタバコがやめられる


【著者】ハーバート・ブリーン
【翻訳】木々高太郎
【ランキング】 位
【出版社】早川書房
【発売】1956-01-15

第 22 位
くらしっくミステリーワールド―オールルビ版 (13) (大きな活字で読みやすい本)


【著者】木々 高太郎
【ランキング】3123210 位
【出版社】リブリオ出版
【発売】1997-02

第 23 位
新月


【著者】木々高太郎
【ランキング】3375848 位
【出版社】新太陽社
【発売】1946-12-15

第 24 位
あなたはタバコがやめられる


【著者】ハーバート・ブリーン
【翻訳】木々高太郎
【ランキング】2048613 位
【出版社】早川書房
【発売】1956-01-15

第 25 位
甲賀・大下・木々傑作選集〈〔第2巻 7,第3巻 1〕〉 (昭和14年)


【著者】甲賀 三郎
【ランキング】 位
【出版社】春秋社
【発売】1939

第 26 位
甲賀・大下・木々傑作選集〈〔第1巻 7〕〉 (昭和14年)


【著者】甲賀 三郎
【ランキング】 位
【出版社】春秋社
【発売】1939

第 27 位
甲賀・大下・木々傑作選集〈〔第2巻 5〕〉 (昭和14年)


【著者】甲賀 三郎
【ランキング】 位
【出版社】春秋社
【発売】1939