スポンサーリンク

常盤新平さんのAmazonランキング

第 1 位
もうすぐ絶滅するという煙草について


【著者】芥川龍之介
【ランキング】98487 位
【出版社】キノブックス
【発売】2018-02-01

第 2 位
大統領の陰謀〔新版〕 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)


【著者】ボブ ウッドワード
【その他】Bob Woodward
【その他】Carl Bernstein
【翻訳】常盤 新平
【ランキング】331637 位
【出版社】早川書房
【発売】2018-09-05

第 3 位
こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)


【著者】阿川佐和子
【編集】 
【ランキング】294843 位
【出版社】河出書房新社
【発売】2017-10-17

第 4 位
素晴らしいアメリカ野球 (新潮文庫)


【著者】フィリップ ロス
【原著】Philip Roth
【翻訳】中野 好夫
【翻訳】常盤 新平
【ランキング】124363 位
【出版社】新潮社
【発売】2016-04-28

第 5 位
シチリア 地中海の風に吹かれて (世界・わが心の旅)


【著者】常盤 新平
【ランキング】290612 位
【出版社】日本放送出版協会
【発売】1997-03

第 6 位
ニューヨーク紳士録 (講談社文庫)


【著者】常盤 新平
【ランキング】1167906 位
【出版社】講談社
【発売】1991-09

第 7 位
本なんて!作家と本をめぐる52話


【著者】芥川 龍之介
【編集】キノブックス編集部
【ランキング】206756 位
【出版社】キノブックス
【発売】2015-07-17

第 8 位
ウーマンウォッチング


【著者】デズモンド・モリス
【翻訳】常盤 新平
【ランキング】358596 位
【出版社】小学館
【発売】2007-03-03

第 9 位
夏服を着た女たち (講談社文庫)


【著者】アーウィン・ショー
【翻訳】常盤 新平
【ランキング】308055 位
【出版社】講談社
【発売】1984-05-15

【内容紹介】夏服を着た女たち (講談社文庫) [May 15, 1984] アーウィン・ショー; 新平, 常盤

第 10 位
夏服を着た女たち (講談社文庫)


【著者】アーウィン ショー
【翻訳】常盤 新平
【ランキング】322226 位
【出版社】講談社
【発売】2004-07

第 11 位
夏服を着た女たち


【著者】アーウィン・ショー
【翻訳】常盤 新平
【ランキング】379514 位
【出版社】講談社
【発売】1979-05

第 12 位
夏服を着た女たち (講談社文芸文庫)


【著者】アーウィン ショー
【原著】Irwin Shaw
【翻訳】常盤 新平
【ランキング】1273359 位
【出版社】講談社
【発売】2000-02

第 13 位
夏服を着た女たち (講談社英語文庫 38)


【著者】アーウィン・ショー
【編集】常盤 新平
【ランキング】2733962 位
【出版社】講談社
【発売】1988-10

第 14 位
ディリンジャー―ギャングエイジの光芒 (1974年)


【著者】メルヴィン・パーヴィス
【翻訳】常盤 新平
【翻訳】本吉 すみゑ
【ランキング】2148759 位
【出版社】新書館
【発売】1974

第 15 位
シャーロック=ホームズの冒険 上 シャーロック=ホームズ全集 (5)


【著者】コナン=ドイル
【イラスト】シドニー=パジェット
【翻訳】中尾 明
【翻訳】常盤 新平
【ランキング】362851 位
【出版社】偕成社
【発売】1983-06

第 16 位
山の上ホテル物語 (白水uブックス)


【著者】常盤 新平
【ランキング】373372 位
【出版社】白水社
【発売】2007-02-01

第 17 位
山の上ホテル物語


【著者】常盤 新平
【ランキング】1239177 位
【出版社】白水社
【発売】2002-09-01

【内容紹介】   神田駿河台の小高い丘の上に山の上ホテルが誕生したのは、1954(昭和29)年1月のことである。以来このホテルは作家など多くの文化人たちの常宿として、あるいは憩いの場としてずっと愛されつづけてきた。本書はそんな山の上ホテルの創業からの50年を、従業員へのインタビューも交えて描いたノンフィクションである。著者は翻訳家でもあり直木賞作家。自らもこのホテルに深い愛着を持っている。

   山の上ホテルを語るときに、創業者である吉田俊男のエピソードは欠かせない。彼は経営者であると同時に、山の上ホテルそのものといってよかった。彼が目指したのはサービスと安心とが行き届いた良質な「小さなホテル」だった。「もし、人が他人に与へられる最高のものが誠意と真実であるなら、ホテルがお客様に差し上げられるものもそれ以外にはないはず」と吉田は記している。その理想を実現するために、吉田は従業員たちに多くを求めた。そのために辞める者が絶えなかったという。彼が求めたのは「誠実さ」に裏打ちされた職人気質だった。しかも、山の上ホテルの理想を実現するのにかなった職人気質である。著者はそれを「ホテル屋」という言葉で表現している。

   インタビューや、吉田が残したメモ書きから浮かび上がってくるのは、頑固で職人肌で、生活に質実を求める男の姿であり、同時に食通で、ホテルの広告コピーをひねり出す文学者肌を持った男の姿だ。「良質のものは、いつも少ししかない」と著者は言う。読み終えたとき、読者はその言葉に頷くと同時に、その「良質」なるものにに触れてみたいと思うに違いないだろう。(文月 達)

第 18 位
銀座旅日記 (ちくま文庫)


【著者】常盤 新平
【ランキング】416798 位
【出版社】筑摩書房
【発売】2011-03-09

第 19 位
池波正太郎の江戸東京を歩く (ベスト新書)


【著者】常盤 新平
【ランキング】344984 位
【出版社】ベストセラーズ
【発売】2012-08-09

第 20 位
ビーコウ―アパルトヘイトとの限りなき戦い (1980年)


【著者】ドナルド・ウッズ
【翻訳】常盤 新平
【ランキング】638986 位
【出版社】サンリオ
【発売】1980-01

第 21 位
カポネ 人と時代 愛と野望のニューヨーク篇


【著者】ローレンス・バーグリーン
【翻訳】常盤 新平
【ランキング】159055 位
【出版社】集英社
【発売】1997-09-26

第 22 位
作家の猫 (コロナ・ブックス)


【著者】夏目 房之介
【ランキング】313153 位
【出版社】平凡社
【発売】2006-06-24

第 23 位
夏服を着た女たち―[録音資料] (河出サウンド文庫)


【著者】アーウィン・ショー
【翻訳】常盤 新平
【ランキング】 位
【出版社】河出書房新社
【発売】1989-01

第 24 位
夏の日の声


【著者】アーウィン ショー
【翻訳】常盤 新平
【ランキング】67408 位
【出版社】講談社
【発売】1988-04

第 25 位
夏の日の声 (講談社文庫)


【著者】アーウィン ショー
【翻訳】常盤 新平
【ランキング】1124197 位
【出版社】講談社
【発売】1990-08

第 26 位
大雪のニューヨークを歩くには (ちくま文庫)


【著者】ジェイムズ スティヴンスン
【翻訳】常盤 新平
【ランキング】341466 位
【出版社】筑摩書房
【発売】1991-12

第 27 位
大雪のニューヨークを歩くには


【著者】ジェイムズ スティヴンスン
【翻訳】常盤 新平
【ランキング】359593 位
【出版社】筑摩書房
【発売】1988-05

第 28 位
私の「ニューヨーカー」グラフィティ


【著者】常盤新平
【ランキング】566913 位
【出版社】幻戯書房
【発売】2013-09-25

第 29 位
そうではあるけれど、上を向いて (講談社文庫)


【著者】常盤 新平
【ランキング】1269561 位
【出版社】講談社
【発売】1993-10

第 30 位
そうではあるけれど、上を向いて


【著者】常盤 新平
【ランキング】1633985 位
【出版社】講談社
【発売】1989-02

第 31 位
遠いアメリカ (P+D BOOKS)


【著者】常盤 新平
【ランキング】864053 位
【出版社】小学館
【発売】2018-02-06

第 32 位
ちょっと笑える話 (文春文庫 (309‐2))


【著者】ベネット・サーフ
【翻訳】常盤 新平
【ランキング】1082442 位
【出版社】文藝春秋
【発売】1983-12

第 33 位
森と湖の館―日光金谷ホテルの百二十年


【著者】常盤 新平
【ランキング】97750 位
【出版社】潮出版社
【発売】1998-03-01