スポンサーリンク

川端裕人さんのAmazonランキング

第 1 位
我々はなぜ我々だけなのか アジアから消えた多様な「人類」たち (ブルーバックス)


【著者】川端 裕人
【監修】海部 陽介
【ランキング】18083 位
【出版社】講談社
【発売】2017-12-14

第 2 位
動物園から未来を変える―ニューヨーク・ブロンクス動物園の展示デザイン


【著者】川端裕人
【ランキング】46799 位
【出版社】亜紀書房
【発売】2019-02-21

第 3 位
青い海の宇宙港 秋冬篇 (ハヤカワ文庫JA)


【著者】川端 裕人
【ランキング】124084 位
【出版社】早川書房
【発売】2019-07-04

第 4 位
青い海の宇宙港 春夏篇 (ハヤカワ文庫JA)


【著者】川端 裕人
【ランキング】92581 位
【出版社】早川書房
【発売】2019-07-04

第 5 位
声のお仕事 (文春文庫)


【著者】川端 裕人
【ランキング】241145 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2019-05-09

第 6 位
8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識 (集英社文庫)


【著者】川端 裕人
【ランキング】44156 位
【出版社】集英社
【発売】2017-04-20

第 7 位
8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識


【著者】川端 裕人
【ランキング】284274 位
【出版社】日経BP社
【発売】2014-01-17

【内容紹介】「ぐっすり眠れたからよい睡眠とは限らない」 「不眠=不眠症ではない」 「睡眠時間は人それぞれ、年齢でも変化する」 「日本人の体内時計は平均で24時間10分」 「こま切れの睡眠はNG」 「眠くなるまで寝床に向かってはならない」 「シフトワークは生活習慣病やがん、うつ病のリスクを高める」 「日本人は世界屈指の睡眠不足」 この十数年で長足の進歩を遂げた睡眠の科学。「ためしてガッテン」や「名医にQ」でおなじみの専門家が、最新の研究で明らかになった衝撃の「新常識」を交えつつ、 理想の眠りを解き明かしました。日々のパフォーマンスを向上させたいビジネスパーソンや学生だけでなく、子育てから高齢者の認知症のケアまでを網羅した睡眠本の決定版! 眠れない! あるいは、眠りたい! と思っていてもなかなか改善しないのは、そのやり方が間違っているからかもしれません。 それもそのはず、睡眠に関しては「都市伝説」とも呼べる珍妙な内容も広まっており、本物を見分けるのは簡単ではないのが現状です。 しかも、睡眠の基本は「人それぞれ」。画一的なアドバイスをつまみ食いするだけでは大幅な改善は望み薄です。 本書で解説しているように、睡眠の改善は、その本質を理解したうえで、自分なりのやり方を見つけてこそ手に入るもの。 本書では、睡眠の悩みを抱える作家が最前線で活躍中の第一人者に直撃。睡眠に関わる多くの疑問に焦点を当て、睡眠科学の確かなエビデンスに基づく「正解」を詳しく紹介しています。 日本人の5人に1人が睡眠の問題を抱える悩ましい現実とともに、驚きに満ちた睡眠の本質が明らかに。結果、不眠症の「眠らない治療法」をはじめ、パフォーマンスの向上だけでなく、 生活の質の向上をもたらす理想の睡眠への理解が深まります。睡眠に悩む方々のための必読書、ぜひお読みください。

第 8 位
PTA再活用論―悩ましき現実を超えて (中公新書ラクレ)


【著者】川端 裕人
【ランキング】225537 位
【出版社】中央公論新社
【発売】2008-10-01

第 9 位
宇宙の始まり、そして終わり 日経プレミアシリーズ


【著者】小松 英一郎
【ランキング】129448 位
【出版社】日本経済新聞出版社
【発売】2015-12-09

第 10 位
宇宙の始まり、そして終わり 日経プレミアシリーズ


【著者】小松英一郎
【ランキング】2324499 位
【出版社】日本経済新聞出版社
【発売】2017-07-20

第 11 位
今ここにいるぼくらは (集英社文庫)


【著者】川端 裕人
【ランキング】140650 位
【出版社】集英社
【発売】2009-05-20

第 12 位
「研究室」に行ってみた。 (ちくまプリマ―新書)


【著者】川端 裕人
【ランキング】137389 位
【出版社】筑摩書房
【発売】2014-12-08

第 13 位
飛ぶ教室 第52号(2018年 冬) (【特集】「飛ぶ教室」的 世界一周旅行!)


【著者】呉 明益
【イラスト】洞野 志保
【イラスト】大森 巳加
【編集】飛ぶ教室編集部
【ランキング】 位
【出版社】光村図書出版
【発売】2018-01-25

第 14 位
川の名前 (ハヤカワ文庫JA)


【著者】川端 裕人
【ランキング】310287 位
【出版社】早川書房
【発売】2006-07-01

第 15 位
川の名前


【著者】川端 裕人
【ランキング】1017312 位
【出版社】早川書房
【発売】2004-05-19

第 16 位
夏のロケット (文春文庫)


【著者】川端 裕人
【ランキング】28834 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2002-05-10

第 17 位
夏のロケット


【著者】川端 裕人
【ランキング】516121 位
【出版社】文藝春秋
【発売】1998-10

第 18 位
動物園にできること (文春文庫)


【著者】川端 裕人
【ランキング】354300 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2006-03-10

第 19 位
銀河のワールドカップ (集英社文庫)


【著者】川端 裕人
【ランキング】41098 位
【出版社】集英社
【発売】2008-05-20

【内容紹介】川端裕人の描き出す、クソ生意気な子どもたちが好きだ。 その子どもたちに関わる、ややもすると子どもよりもコドモみたいな大人が好きだ。 ごめん、サッカーのことはよくわからない、というか、 いつの間にやら狂ったようにお祭り騒ぎしてる大勢のひとたちにはあまり共感出来ない。 こうして真剣にサッカーと向き合っているひとたちの物語のほうが好きだ。 まだちゃんと読み終えてないのに、自分もピッチを走ってみたくなる。 この銀河のワールドカップはNHKでアニメ放送中の「銀河へキックオフ!!」の原作小説です。大好きな作品なのでアニメ化で興味をもたれてもっとこの小説の面白さが伝わってくれたら・・と思います。 アニメでは主人公は太田翔君ですがこちらではコーチが主人公となっています。しかし、私がこの小説が一番良いと思っているところは桃山プレデター(コーチも含めて)の皆が主人公になっている点です。最初は確かにコーチ視点で描かれていたのですが途中からは群像小説のように各々が考えていることが描かれていきます。体の成長のこととか技術のこととか親のことなど子供たちは様々な悩みをもって、でも自分にできることをサッカーを通じて精一杯頑張ろうとするその姿がとても輝いています。読み進めていくとこのキラキラした少年少女達をとても応援したくなりました。 私はサッカーはワールドカップを見るぐらいでオフサイドなどのルールも教えてもらってようやく知った程度なのですが、この小説を読むともっとサッカーのことを知りたくなったし、体を動かしたくなりました。

第 20 位
銀河のワールドカップ


【著者】川端 裕人
【ランキング】1011449 位
【出版社】集英社
【発売】2006-04-26

第 21 位
声のお仕事


【著者】川端 裕人
【ランキング】308792 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2016-02-12

第 22 位
12月の夏休み ケンタとミノリの冒険日記


【著者】川端 裕人
【イラスト】杉田 比呂美
【ランキング】226608 位
【出版社】偕成社
【発売】2012-06-08

第 23 位
太陽ときみの声~明日のもっと未来へ~ (朝日中高生新聞の人気連載小説)


【著者】川端裕人
【イラスト】とろっち
【ランキング】458276 位
【出版社】朝日学生新聞社
【発売】2018-11-30

第 24 位
動物園にできること―「種の方舟」のゆくえ


【著者】川端 裕人
【ランキング】390705 位
【出版社】文藝春秋
【発売】1999-03

第 25 位
銀河へキックオフ!! 3 完結編 (集英社みらい文庫)


【著者】金巻 ともこ
【原著】川端 裕人
【イラスト】TYO アニメーションズ
【ランキング】358048 位
【出版社】集英社
【発売】2013-02-05

第 26 位
風のダンデライオン 銀河のワールドカップ ガールズ (集英社文庫)


【著者】川端 裕人
【ランキング】202214 位
【出版社】集英社
【発売】2012-03-16

第 27 位
飛ぶ教室第35号(2013年秋) (「エーリヒ・ケストナー作『飛ぶ教室』の世界」)


【著者】今江祥智、那須田 淳、東 直子、川端裕人 ほか
【編集】飛ぶ教室編集部
【イラスト】100%ORANGEほか
【ランキング】 位
【出版社】光村図書出版
【発売】2013-10-25

第 28 位
太陽ときみの声 (朝日中高生新聞の人気連載小説)


【著者】川端裕人
【イラスト】とろっち
【ランキング】208781 位
【出版社】朝日学生新聞社
【発売】2017-09-30

第 29 位
銀河へキックオフ!! 2 (集英社みらい文庫)


【著者】金巻 ともこ
【原著】川端 裕人
【イラスト】TYO アニメーションズ
【ランキング】383212 位
【出版社】集英社
【発売】2012-11-05