スポンサーリンク

宮部みゆきさんのAmazonランキング

第 1 位
三鬼 三島屋変調百物語四之続 (角川文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】1048 位
【出版社】KADOKAWA
【発売】2019-06-14

第 2 位
火車 (新潮文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】3284 位
【出版社】新潮社
【発売】1998-01-30

第 3 位
火車


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】244670 位
【出版社】双葉社
【発売】1992-07

第 4 位
希望荘 (文春文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】9235 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2018-11-09

第 5 位
昨日がなければ明日もない


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】22501 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2018-11-30

第 6 位
あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】12057 位
【出版社】KADOKAWA
【発売】2018-04-27

第 7 位
理由


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】271878 位
【出版社】朝日新聞社
【発売】1998-05-01

第 8 位
名もなき毒 (文春文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】15414 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2011-12-06

第 9 位
名もなき毒 (カッパ・ノベルス)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】180322 位
【出版社】光文社
【発売】2009-05-21

【内容紹介】商品名: 名もなき毒 (カッパ・ノベルス) 2009年5月初版

第 10 位
名もなき毒


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】112935 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2006-08

【内容紹介】この本の中で特に印象に残ったのは、 主人公とその娘との会話である。 「明日桃子があかねちゃんにごめんなさいをしたら、 あかねちゃんもごめんなさいしてくれるかな?  桃子だけがごめんなさいしたら、桃子だけが悪いって あかねちゃんに思われちゃうのかなぁ?」 謝った方が良いという事は本能的にわかっている。 でも、自分だけが悪いわけではない。 なのに自分だけ謝っちゃったら、そう思われてしまうのでは?  彼女が思い悩んでいるのは、 それが『理不尽』だと思うからだ。 子どもでも成人してからでも、人々が割り切れない思いをするのは 『理不尽』である事に変わりは無い。 「あんなに何一つ不自由なく幸せな人もいるのに、 どうして私は苦労ばかりするのか。」 「自分の思い通りにばかりなっている人もいるのに、 どうして私だけ。」 誰でもほんの少しは胸の片隅に持っている『理不尽』。 ある程度時間がたてば、 それぞれに自分をなだめる方法を身に付ける。 でも、誰でも、そういう気持ちを完全に消すことは出来ずに、 浮かんでは消え、浮かんでは消えを繰り返している。 そして『理不尽』を全く自分の中で消化する事が出来ずに、 常に抱え持っている人もいる。この本にはそういう人が出てくる。 自分たちのまわりにも、気付かなくても そういう人がいるかもしれない。

第 11 位
理由 (朝日文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】40649 位
【出版社】朝日新聞社
【発売】2002-08-01

【内容紹介】理由 (朝日文庫) [文庫] [Aug 01, 2002] 宮部 みゆき

第 12 位
理由 (新潮文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】227697 位
【出版社】新潮社
【発売】2004-06-29

第 13 位
あなたの不幸は蜜の味 イヤミス傑作選 (PHP文芸文庫)


【著者】宮部 みゆき
【編集】細谷正充
【その他】他
【ランキング】14887 位
【出版社】PHP研究所
【発売】2019-07-10

第 14 位
泣き童子 三島屋変調百物語参之続 (角川文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】14265 位
【出版社】KADOKAWA/角川書店
【発売】2016-06-18

第 15 位
泣き童子 三島屋変調百物語参之続


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】224870 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2013-06-28

第 16 位
おそろし 三島屋変調百物語事始 (角川文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】10670 位
【出版社】角川書店(角川グループパブリッシング)
【発売】2012-04-25

第 17 位
おそろし 三島屋変調百物語事始


【著者】宮部 みゆき
【イラスト】小泉 英里砂
【ランキング】252805 位
【出版社】角川グループパブリッシング
【発売】2008-07-30

【内容紹介】17歳のおちかは、実家で起きたある事件をきっかけに、ぴたりと他人に心を閉ざしてしまった。ふさぎ込む日々を、江戸で三島屋という店を構える叔父夫婦のもとに身を寄せ、慣れないながら黙々と働くことでやり過ごしている。そんなある日、叔父・伊兵衛はおちかを呼ぶと、これから訪ねてくるという客の対応を任せて出かけてしまう。おそるおそる客と会ったおちかは、次第にその話に引き込まれていく。いつしか次々に訪れる人々の話は、おちかの心を少しずつ溶かし始めて…哀切にして不可思議。宮部みゆきの「百物語」、ここに始まる。

第 18 位
三鬼 三島屋変調百物語四之続


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】112046 位
【出版社】日本経済新聞出版社
【発売】2016-12-10

第 19 位
ぼんくら(上) (講談社文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】105458 位
【出版社】講談社
【発売】2004-04-15

第 20 位
ぼんくら(下) (講談社文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】99344 位
【出版社】講談社
【発売】2004-04-15

【内容紹介】ぼんくら

第 21 位
ペテロの葬列 下 (文春文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】57032 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2016-04-08

第 22 位
おまえさん(下) (講談社文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】18313 位
【出版社】講談社
【発売】2011-09-22

第 23 位
おまえさん(下)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】532292 位
【出版社】講談社
【発売】2011-09-22

第 24 位
新装版 日暮らし(上) (講談社文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】84092 位
【出版社】講談社
【発売】2011-09-15

第 25 位
日暮らし(上) (講談社文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】207384 位
【出版社】講談社
【発売】2008-11-14

第 26 位
日暮らし 上


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】330916 位
【出版社】講談社
【発売】2004-12-22

第 27 位
新装版 日暮らし(下) (講談社文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】84649 位
【出版社】講談社
【発売】2011-09-15

第 28 位
おまえさん(上) (講談社文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】56734 位
【出版社】講談社
【発売】2011-09-22

第 29 位
おまえさん(上)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】510895 位
【出版社】講談社
【発売】2011-09-22

第 30 位
あなたに謎と幸福を ハートフル・ミステリー傑作選 (PHP文芸文庫)


【著者】宮部 みゆき
【編集】細谷正充
【その他】他
【ランキング】27856 位
【出版社】PHP研究所
【発売】2019-07-10

第 31 位
あんじゅう 三島屋変調百物語事続 (角川文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】11625 位
【出版社】角川書店
【発売】2013-06-21

第 32 位
あんじゅう―三島屋変調百物語事続


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】262734 位
【出版社】中央公論新社
【発売】2010-07-01

第 33 位
この世の春 下


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】88654 位
【出版社】新潮社
【発売】2017-08-31

第 34 位
誰か―Somebody (文春文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】9151 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2007-12-06

第 35 位
誰か Somebody (カッパノベルス)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】1128591 位
【出版社】光文社
【発売】2005-08-20

第 36 位
ペテロの葬列 上 (文春文庫)


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】79334 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2016-04-08

第 37 位
この世の春 上


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】63362 位
【出版社】新潮社
【発売】2017-08-31

第 38 位
ソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫... [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき


【著者】宮部 みゆき
【ランキング】92018 位
【出版社】新潮社
【発売】2014

【内容紹介】文庫版ソロモンの偽証 (第I部 事件 上・下巻/第II部 決意 上・下巻/第III部 法廷 上・下巻)の全6巻セット。
最終巻には20年後の“偽証”事件を描く、書き下ろし中編「負の方程式」を収録。
第I部 事件
クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した十四歳。その死は校舎に眠っていた悪意を揺り醒ました。目撃者を名乗る匿名の告発状が、やがて主役に躍り出る。新たな殺人計画、マスコミの過剰報道、そして犠牲者が一人、また一人。気づけば中学校は死を賭けたゲームの盤上にあった。死体は何を仕掛けたのか。真意を知っているのは誰!?
第II部 決意
期間はわずか15日。有志を集め証人を探せ! 14歳の夏をかけた決戦、カウントダウン! もう大人たちに任せておけない。保身に身を窶す教師たちに見切りをつけ、一人の女子生徒が立ち上がった。校舎を覆う悪意の雲を拭い去り、隠された真実を暴くため、学校内裁判を開廷しよう! 教師による圧力に屈せず走り出す数名の有志たち。そして他校から名乗りを上げた弁護人の降臨。その手捌きに一同は戦慄した…。
第III部 法廷
この裁判は仕組まれていた!? 最後の証人の登場に呆然となる法廷。驚天動地の完結篇! その証人はおずおずと証言台に立った。瞬間、真夏の法廷は沸騰し、やがて深い沈黙が支配していった。事件を覆う封印が次々と解かれてゆく。告発状の主も、クリスマスの雪道を駆け抜けた謎の少年も、死を賭けたゲームの囚われ人だったのだ。見えざる手がこの裁判を操っていたのだとすれば…。驚愕と感動の評決が、今下る!