スポンサーリンク

室生犀星さんのAmazonランキング

第 1 位
蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ (講談社文芸文庫)


【著者】室生 犀星
【解説】久保 忠夫
【ランキング】124381 位
【出版社】講談社
【発売】1993-04-28

第 2 位
室生犀星詩集 (新潮文庫)


【著者】室生 犀星
【ランキング】158067 位
【出版社】新潮社
【発売】1968-05-14

第 3 位
室生犀星詩集 (岩波文庫)


【著者】室生 犀星
【ランキング】383050 位
【出版社】岩波書店
【発売】1983-08-16

第 4 位
室生犀星詩集 (現代詩文庫 (1035))


【著者】室生 犀星
【ランキング】1391780 位
【出版社】思潮社
【発売】1989-02

第 5 位
室生犀星詩集 [新潮CD]


【著者】室生 犀星
【ランキング】1407705 位
【出版社】新潮社
【発売】2000-04-01

第 6 位
室生犀星詩集 (ハルキ文庫)


【著者】室生 犀星
【ランキング】466493 位
【出版社】角川春樹事務所
【発売】2007-11-01

第 7 位
室生犀星詩集 (青春の詩集 日本篇 10)


【著者】室生 犀星
【編さん】浅野 晃
【ランキング】1278944 位
【出版社】白凰社
【発売】1965-09

第 8 位
室生犀星詩集 (世界の詩 5)


【著者】室生 犀星
【編さん】山室 静
【ランキング】1680137 位
【出版社】彌生書房
【発売】1963-09

第 9 位
室生犀星詩集 (旺文社文庫)


【著者】室生犀星
【ランキング】1879940 位
【出版社】旺文社
【発売】1979-12

第 10 位
〆切本2


【著者】森鷗外
【その他】椎名 誠
【その他】平出 隆
【その他】村山 由佳
【ランキング】66843 位
【出版社】左右社
【発売】2017-10-07

第 11 位
我が愛する詩人の伝記 (講談社文芸文庫)


【著者】室生 犀星
【ランキング】127126 位
【出版社】講談社
【発売】2016-08-11

第 12 位
我が愛する詩人の伝記 (新潮文庫 草)


【著者】室生 犀星
【ランキング】1930487 位
【出版社】新潮社
【発売】1966

第 13 位
我が愛する詩人の伝記 (中公文庫 A 26)


【著者】室生 犀星
【ランキング】254929 位
【出版社】中央公論新社
【発売】1974-04-10

第 14 位
我が愛する詩人の伝記 (中公文庫 (R・19))


【著者】室生 犀星
【ランキング】1189351 位
【出版社】中央公論新社
【発売】2005-09

第 15 位
【大活字本】抒情小曲集 青き魚を釣る人 ―文語の名詩選(三) (響林社の大活字本シリーズ)


【著者】室生犀星
【編集】しみじみ朗読文庫
【ランキング】251218 位
【出版社】響林社
【発売】2016-03-17

第 16 位
霊 星新一・室生犀星ほか (文豪ノ怪談 ジュニア・セレクション)


【著者】星新一
【編集】東雅夫
【イラスト】金井田英津子
【ランキング】130064 位
【出版社】汐文社
【発売】2017-04-05

第 17 位
抒情小曲集―室生犀星第二詩集 (1980年) (名著複刻詩歌文学館―連翹セット)


【著者】室生 犀星
【ランキング】316170 位
【出版社】日本近代文学館
【発売】1980-04

第 18 位
酒呑みに与ふる書


【著者】マラルメ
【ランキング】96921 位
【出版社】キノブックス
【発売】2019-02-02

第 19 位
新編・日本幻想文学集成 第7巻


【著者】三島由紀夫
【編集】橋本治
【編集】松山俊太郎
【編集】矢川澄子
【ランキング】451232 位
【出版社】国書刊行会
【発売】2017-08-29

第 20 位
杏っ子 (新潮文庫)


【著者】室生 犀星
【ランキング】294320 位
【出版社】新潮社
【発売】1962-06-10

第 21 位
折口信夫対話集 安藤礼二編 (講談社文芸文庫)


【著者】折口 信夫
【編集】安藤 礼二
【ランキング】355081 位
【出版社】講談社
【発売】2013-06-11

第 22 位
室生犀星集 童子―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)


【著者】室生 犀星
【編集】東 雅夫
【ランキング】364169 位
【出版社】筑摩書房
【発売】2008-09-10

第 23 位
蜜のあはれ (1959年)


【著者】室生 犀星
【ランキング】612090 位
【出版社】新潮社
【発売】1959

第 24 位
吾輩は童貞(まだ)である- 童貞について作家の語ること-


【著者】筒井康隆
【ランキング】263548 位
【出版社】キノブックス
【発売】2018-07-29

第 25 位
新しい詩とその作り方


【著者】室生 犀星
【ランキング】469033 位
【出版社】国書刊行会
【発売】2018-03-23

第 26 位
愛の詩集―室生犀星詩集 (角川文庫)


【著者】室生 犀星
【ランキング】610621 位
【出版社】角川書店
【発売】1999-01

第 27 位
愛の詩集 (愛蔵版詩集シリーズ)


【著者】室生 犀星
【ランキング】562136 位
【出版社】日本図書センター
【発売】1999-12-25

第 28 位
混声合唱組曲「あさきよめ」


【著者】藤嶋美穂
【編集】パナムジカ
【ランキング】434852 位
【出版社】
【発売】2015-05-01

【内容紹介】室生犀星の詩をテキストにした混声合唱組曲。“生きて生き抜かなければならないことだけは確かだ。”終曲に配された「あさきよめ」(朝浄め:朝の掃除のこと)の一節を軸に「生きていくこと」をテーマとしています。決して諦めではなく、また単なる励ましでもなく、静かに私たちの背中を押してくれる犀星の詩に、柔らかく丸みのあるハーモニーと一度聴いたら忘れられない流麗な旋律を用いて合唱曲にしました。無伴奏3曲、ピアノ伴奏2曲という構成は作品に立体感を与え、もの悲しい雰囲気から、少しずつ希望に向かい、感動的なラストを迎える組曲としての展開もみごとです。歌い終わったあとには、心が浄められるような清々しい気持ちになり、ちょっと背筋を伸ばして歩いてみたくなることでしょう。 この作品はパナムジカ出版YouTubeチャンネルで全曲お聴きいただけます。https://www.youtube.com/playlist?list=PL95a411Wd_JxXo0TlHPRw-6jQdpJ6tNAF 言語1:日本語 声部編成:SATB div.

第 29 位
深夜の人・結婚者の手記 (講談社文芸文庫)


【著者】室生 犀星
【ランキング】504936 位
【出版社】講談社
【発売】2012-02-11

第 30 位
現代語訳 蜻蛉日記 (岩波現代文庫)


【翻訳】室生 犀星
【ランキング】219030 位
【出版社】岩波書店
【発売】2013-08-21

第 31 位
昭和文学全集 第6巻: 室生犀星 堀辰雄 中野重治 佐多稲子 (昭和文学全集 6)


【著者】室生 犀星
【ランキング】578250 位
【出版社】小学館
【発売】1988-05-12

第 32 位
幼年時代・あにいもうと (新潮文庫)


【著者】室生 犀星
【ランキング】600115 位
【出版社】新潮社
【発売】1955-03

第 33 位
或る少女の死まで 他二篇 (岩波文庫)


【著者】室生 犀星
【ランキング】135877 位
【出版社】岩波書店
【発売】2003-11-14

【内容紹介】壮絶な少年時代である。元武士と女中との間に生まれた「私」は生後間もなく近所の家に養子として預けられる。実の両親への思い断ちがたく、日に何度も実家を訪れては養家の親に叱られる毎日。やがて実父が死ぬと、女中であった母は追放されて消息不明になる。「何処かで生きていて欲しい」母への強い愛慕から「私」は河原で拾った地蔵を庭に飾り、それが縁で寺に養子として迎えられる…。
本書に収められた「幼年時代」は、詩人としてはすでに名を馳せていた室生犀星の処女小説である。作者自身が「他愛のない自叙伝」と評する物語には、とてつもなく孤独な少年の姿が、詩人の稀有な言語感覚で描かれている。例えば作者が「父」と書くとき、それは血を受けた実父のことであったり、もらわれていった寺の老和尚であったりする。それを犀星は等しく「父」と呼ぶのである。唐突で時には無邪気とさえ感じられる言葉遣い。だが読み進めるうちにその言葉の一つ一つが、宝石のように幾層もの輝きを放って迫ってくる。この独特の言語感覚が、新鮮な涼風として当時の文壇に迎えられたに違いない。
他に、やはり自伝的な「性に眼覚める頃」「或る少女の死まで」を収録。若く貧しい詩人の孤独な青春時代を題材に、人がどれほど純粋な存在であるか、そしてどのように汚れていくのかをつづった、犀星文学のテーマの原点を成す作品集である。(三木秀則)

第 34 位
かげろうの日記遺文 (講談社文芸文庫)


【著者】室生 犀星
【ランキング】483754 位
【出版社】講談社
【発売】2012-07-11

第 35 位
かげろうの日記遺文 (講談社文芸文庫)


【著者】室生 犀星
【ランキング】1743700 位
【出版社】講談社
【発売】1992-10