スポンサーリンク

安部龍太郎さんのAmazonランキング

第 1 位
風の如く 水の如く (集英社文庫)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】979712 位
【出版社】集英社
【発売】1999-03-19

第 2 位
風の如く 水の如く (集英社文庫)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】18230 位
【出版社】集英社
【発売】2013-11-20

第 3 位
風の如く 水の如く


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】622214 位
【出版社】集英社
【発売】1996-03-26

第 4 位
等伯 上 (文春文庫)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】43938 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2015-09-02

第 5 位
等伯 〈上〉


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】298128 位
【出版社】日本経済新聞出版社
【発売】2012-09-15

第 6 位
等伯 〈下〉


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】123636 位
【出版社】日本経済新聞出版社
【発売】2012-09-15

第 7 位
等伯 下 (文春文庫)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】76063 位
【出版社】文藝春秋
【発売】2015-09-02

第 8 位
家康 (二) 不惑篇


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】87828 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2018-10-25

第 9 位
信長になれなかった男たち (戦国武将外伝)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】126461 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2019-01-30

第 10 位
冬を待つ城 (新潮文庫)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】38513 位
【出版社】新潮社
【発売】2017-09-28

第 11 位
家康 (一)自立篇


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】207226 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2016-12-22

第 12 位
維新の肖像 (角川文庫)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】166906 位
【出版社】KADOKAWA
【発売】2017-12-21

第 13 位
冬を待つ城


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】369813 位
【出版社】新潮社
【発売】2014-10-22

第 14 位
平城京


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】195441 位
【出版社】KADOKAWA
【発売】2018-05-31

第 15 位
信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変 (幻冬舎新書)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】64344 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2018-07-27

第 16 位
下天を謀る(上) (新潮文庫)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】191576 位
【出版社】新潮社
【発売】2013-04-27

第 17 位
下天を謀る(上)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】713028 位
【出版社】新潮社
【発売】2009-11-27

第 18 位
レオン氏郷(うじさと) (PHP文芸文庫)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】178906 位
【出版社】PHP研究所
【発売】2015-11-09

【内容紹介】レオン氏郷(うじさと) (PHP文芸文庫) [文庫] [Nov 09, 2015] 安部 龍太郎

第 19 位
下天を謀る(下)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】513569 位
【出版社】新潮社
【発売】2009-11-27

第 20 位
下天を謀る(下) (新潮文庫)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】185993 位
【出版社】新潮社
【発売】2013-04-27

第 21 位
信長燃ゆ〈上〉


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】761794 位
【出版社】日本経済新聞社
【発売】2001-06-01

第 22 位
信長燃ゆ(下) (新潮文庫)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】30849 位
【出版社】新潮社
【発売】2004-09-29

第 23 位
信長燃ゆ〈下〉


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】495810 位
【出版社】日本経済新聞社
【発売】2001-06-01

【内容紹介】   天下平定間近の織田信長と、そんな信長の野望を阻止せんと必死に食い下がる近衛前久。この不倶戴天のライバル同士の対決と葛藤が、この小説の基軸になっている。信長は、ひたすら天皇を超越する存在になろうとしている。朝廷を預かり、天皇家を守る前久にとって、それは到底容認できることではなかった。下巻では、2人の対立は傾斜度を増し、ついに前久は信長誅殺を決意し、その一計を案じることになる。

   東宮夫人・晴子との道ならぬ恋に、信長自身うつつをぬかしている間にも、じわじわと形成される信長包囲網。前久は、最後の仕上げとして、光秀に信長暗殺の斬り込み隊長になるよう迫る。さらには、首謀者たちと引き合わせて、彼を「本気」にさせようとする。これが本能寺の変直前に開かれた、有名な愛宕神社の歌会である。

   光秀が詠んだ「ときは今天が下しる五月哉」という句は、謀反のくわだてが読み取れると従来解釈されてきたが、著者はこれを一蹴する。光秀ほどの教養人が、自分の野心をひけらかすほど不作法ではないというのだ。むしろ、挙兵せよと促されたことに対しての覚悟の返答なのだと、著者は『平家物語』などを用いて開陳している。このくだりは、斬新な謎解きを見ているようで、非常にスリリングである。

   本能寺の変を朝廷対信長の王権抗争ととらえることによって、この事件は俄然新鮮味とおもしろみを得た。無駄のない文体と描写が、さらにこの小説を力強いものにしている。(文月 達)

第 24 位
レオン氏郷(うじさと)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】520296 位
【出版社】PHP研究所
【発売】2012-08-21

第 25 位
信長燃ゆ(上) (新潮文庫)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】30717 位
【出版社】新潮社
【発売】2004-09-29

第 26 位
血の日本史 (新潮文庫)


【著者】安部 龍太郎
【ランキング】188400 位
【出版社】新潮社
【発売】1993-08-31