スポンサーリンク

安東能明さんのAmazonランキング

第 1 位
彷徨捜査 赤羽中央署生活安全課 (祥伝社文庫)


【著者】安東能明
【ランキング】132059 位
【出版社】祥伝社
【発売】2018-06-13

第 2 位
限界捜査


【著者】安東能明
【ランキング】1227284 位
【出版社】祥伝社
【発売】2013-10-29

第 3 位
ソウル行最終便 (祥伝社文庫)


【著者】安東能明
【ランキング】579189 位
【出版社】祥伝社
【発売】2018-03-14

第 4 位
侵食捜査


【著者】安東能明
【ランキング】1149984 位
【出版社】祥伝社
【発売】2014-10-11

第 5 位
ソウル行最終便


【著者】安東能明
【ランキング】1145233 位
【出版社】祥伝社
【発売】2016-04-12

第 6 位
[まとめ買い] 別冊文藝春秋


【著者】文藝春秋・編
【編集】文藝春秋・編
【編集】文藝春秋
【ランキング】 位
【出版社】
【発売】

【内容紹介】1946年に創刊以来、井伏鱒二、川端康成、坂口安吾、三島由紀夫……と綺羅星の如き作家が登場してきた「別冊文藝春秋」が、電子版へと大リニューアル。記念すべき電子化第一号は、道尾秀介と綾野剛との巻頭対談、重松清、若竹七海といった人気作家の短編や貴志祐介、誉田哲也、月村了衛などの新連載と読み応え満点の一冊になっています。(通巻317号/2015年6月号)

●巻頭対談
「現場主義でいく」道尾秀介×綾野剛

●短篇 小説の肌触りを堪能
「ワン、ツゥ、スリー……パッ。」重松清
「不適切な死」若竹七海
「慈雨」岩城けい

●新連載 圧倒的な読み応え!
「赤い雨」貴志祐介
「武士道ジェネレーション」誉田哲也
「ガンルージュ」月村了衛
「ネメシスの使者」中山七里
「フルーツパーラーにはない果物」瀬那和章
「よちよち文藝部 シーズン2」久世番子

●力作中篇
「ぎゅうぎゅう詰めの殺意(前編)」倉知淳

●連作短編
「母の宿」花房観音
「出かけなくてはいけない場所」加藤千惠

●連載小説
「スクープのたまご」大崎梢
「サイレンス」秋吉理香子
「ブルーネス」伊与原新
「肉と衣のあいだに神は宿る」松井雪子
「ガーデン

第 7 位
[まとめ買い] 第Ⅱ捜査官


【著者】安東能明
【ランキング】 位
【出版社】
【発売】

【内容紹介】元高校物理教師という異色の経歴を持つ神村五郎は、平刑事なのにその卓越した捜査能力から所轄署内では署長に次いでナンバー2の扱い。「第二捜査官」の異名を取っている。ある日暴力を苦に夫を刺して取調中の女性被疑者が担当の刑事とともに忽然と姿を消した。数日後ふたりは青酸カリの服毒死体で発見される。未曾有の警察不祥事に、神村は元教え子の女性刑事西尾美加と捜査に乗り出した。

第 8 位
[まとめ買い] 赤羽中央署生活安全課


【著者】安東能明
【ランキング】 位
【出版社】
【発売】

【内容紹介】東京・赤羽の巨大団地葵ヶ丘に住む北原美紗子の娘・奈月が失踪した。赤羽中央署生活安全課の疋田務は部下の小宮真子らとともに懸命な捜査を続けるが、一向に消息は掴めなかった。奈月はいったいどこへ。やがて誘拐犯を名乗る人物から身代金要求の電話がかかったとき、事件は予想もしない方向に暴走を始めた――。正統派、かつ、斬新。心を鷲掴みにする新警察小説、誕生!

第 9 位
[まとめ買い] 捜査シリーズ(集英社文庫)


【著者】安東能明
【ランキング】 位
【出版社】
【発売】

【内容紹介】“生活安全特捜隊”――風俗から環境犯罪まで、あらゆる事案を追う警視庁生活安全部の特別捜査隊である。入庁以来、第一線の刑事への夢を抱き続けていた結城公一警部は、40歳を迎えた年にその“生特隊”の班長に任命される。捜査一課をはじめとする花形部署から軽んじられる生特隊だが、結城は個性豊かな部下たちにサポートされて果敢に難事件に挑んでいく。犯罪捜査を新たな視点で描く警察小説。