スポンサーリンク

吉行エイスケさんのAmazonランキング

第 1 位
吉行エイスケ作品集〈2〉創作篇 2 飛行機から墜ちるまで (1977年)


【著者】吉行 エイスケ
【ランキング】1549892 位
【出版社】冬樹社
【発売】1977-11

第 2 位
吉行エイスケ作品集


【著者】吉行 エイスケ
【ランキング】860728 位
【出版社】文園社
【発売】1997-07-01

第 3 位
バルザックの寝巻姿 (青空文庫POD(大活字版))


【著者】吉行エイスケ
【ランキング】2732741 位
【出版社】青空文庫POD
【発売】2016-04-30

第 4 位
孟買挿話 (青空文庫POD(大活字版))


【著者】吉行エイスケ
【ランキング】2289625 位
【出版社】青空文庫POD
【発売】2016-04-30

第 5 位
孟買挿話 (青空文庫POD(シニア版))


【著者】吉行エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】青空文庫POD
【発売】2016-04-30

第 6 位
孟買挿話 (青空文庫POD(ポケット版))


【著者】吉行エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】青空文庫POD
【発売】2016-04-30

第 7 位
吉行エイスケ作品集〈1〉地図に出て来る男女 (1977年)


【著者】吉行 エイスケ
【ランキング】1550894 位
【出版社】冬樹社
【発売】1977-09

第 8 位
女百貨店 (青空文庫POD(シニア版))


【著者】吉行エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】青空文庫POD
【発売】2016-04-30

第 9 位
女百貨店 (青空文庫POD(大活字版))


【著者】吉行エイスケ
【ランキング】1879768 位
【出版社】青空文庫POD
【発売】2016-04-30

第 10 位
女百貨店 (青空文庫POD(ポケット版))


【著者】吉行エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】青空文庫POD
【発売】2016-04-30

第 11 位
女百貨店 (青空文庫POD(ポケット版))


【著者】吉行エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】青空文庫POD
【発売】2016-04-30

第 12 位
バルザックの寝巻姿 (青空文庫POD(シニア版))


【著者】吉行エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】青空文庫POD
【発売】2016-04-30

第 13 位
バルザックの寝巻姿 (青空文庫POD(ポケット版))


【著者】吉行エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】青空文庫POD
【発売】2016-04-30

第 14 位
バルザックの寝巻姿 (青空文庫POD)


【著者】吉行 エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】ゴマブックス株式会社
【発売】2016-03-28

第 15 位
バルザックの寝巻姿 (青空文庫POD)


【著者】吉行 エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】ゴマブックス株式会社
【発売】2016-03-28

第 16 位
バルザックの寝巻姿 (青空文庫POD)


【著者】吉行 エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】ゴマブックス株式会社
【発売】2016-03-28

第 17 位
バルザックの寝巻姿 (青空文庫POD)


【著者】吉行 エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】ゴマブックス株式会社
【発売】2016-03-28

第 18 位
孟買挿話(ゴマブックス大活字シリーズ)


【著者】吉行 エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】ゴマブックス株式会社
【発売】2017-03-11

第 19 位
地図に出てくる男女(ゴマブックス大活字シリーズ)


【著者】吉行 エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】ゴマブックス株式会社
【発売】2017-03-11

第 20 位
女百貨店(ゴマブックス大活字シリーズ)


【著者】吉行 エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】ゴマブックス株式会社
【発売】2017-03-11

第 21 位
吉行エイスケ作品集 全2冊セット〈地図に出て来る男女/飛行機から墜ちるまで〉


【著者】吉行 エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】冬樹社
【発売】

第 22 位
【朗読CD】大阪文学小品選 第1巻―「木の都」「大阪紀行」「大阪の反逆」他7編(CD4枚組) (しみじみ朗読文庫)


【著者】織田 作之助
【編集】しみじみ朗読文庫
【ランキング】1991090 位
【出版社】響林社(しみじみ朗読文庫)
【発売】2013-01-10

【内容紹介】【解説】
 東京と文化が異なる大阪への思い入れが強い作家は少なくない。織田作之助はその一人で、「木の都」は生まれ故郷に対する愛着をしみじみと描いた名作。大阪人気質、大阪の食、大阪弁への思いも多数の作品に現れている。大阪弁には人や地域によって違いが多々あり、紋切り型でないところに真髄があると説く。また、戦災にめげず復興をめざす逞しさは、防空壕に住みながら、本屋再開を目指す知人や、何でも揃っている闇市の活気に如実に表れていると述べる。坂口安吾も、西鶴や近松を生んだ大阪には、独特に文化的土壌があり、人を喜ばせる戯作者根性こそが文学の本質で、織田はそれを実践しているという。そして、大阪のエゲツナサ、面白さに感嘆し、その実質精神、合理精神を讃え、更にはそうそうたる若き専門職業婦人たちの「普通さ」にも、東京とは違う特質を見出す。林芙美子の「大阪紀行」は、昔住んだ大阪を久しぶりに歩いた感慨を、吉行エイスケの「大阪万華鏡」は、世界恐慌前後のナンセンスぶりを描く好編。

【収録時間】計4時間18分57秒 
【朗読】響林せいじ(アナウンサーの肉声をベースにしたごく自然な高性能合成音声で、発音、イントネーションや間合いも調整済み)

第 23 位
大阪万華鏡 (青空文庫POD(大活字版))


【著者】吉行エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】青空文庫POD
【発売】2016-07-31

第 24 位
大阪万華鏡 (青空文庫POD(シニア版))


【著者】吉行エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】青空文庫POD
【発売】2016-07-31

第 25 位
大阪万華鏡 (青空文庫POD(ポケット版))


【著者】吉行エイスケ
【ランキング】 位
【出版社】青空文庫POD
【発売】2016-07-31

第 26 位
孟買挿話


【著者】吉行 エイスケ
【ランキング】2788621 位
【出版社】ゴマブックス
【発売】2016-07-20

第 27 位
女百貨店


【著者】吉行 エイスケ
【ランキング】2561176 位
【出版社】ゴマブックス
【発売】2016-07-20