スポンサーリンク

佐藤正午さんのAmazonランキング

第 1 位
月の満ち欠け


【著者】佐藤 正午
【ランキング】14522 位
【出版社】岩波書店
【発売】2017-04-06

第 2 位
鳩の撃退法 上 (小学館文庫)


【著者】佐藤 正午
【ランキング】36986 位
【出版社】小学館
【発売】2018-01-04

第 3 位
鳩の撃退法 上


【著者】佐藤 正午
【ランキング】336128 位
【出版社】小学館
【発売】2014-11-13

第 4 位
小説の読み書き (岩波新書)


【著者】佐藤 正午
【ランキング】74017 位
【出版社】岩波書店
【発売】2006-06-20

第 5 位
身の上話 (光文社文庫)


【著者】佐藤 正午
【ランキング】123122 位
【出版社】光文社
【発売】2011-11-10

第 6 位
身の上話


【著者】佐藤 正午
【ランキング】348682 位
【出版社】光文社
【発売】2009-07-18

第 7 位
鳩の撃退法 下 (小学館文庫)


【著者】佐藤 正午
【ランキング】45141 位
【出版社】小学館
【発売】2018-01-04

第 8 位
きみは誤解している


【著者】佐藤 正午
【ランキング】747415 位
【出版社】岩波書店
【発売】2000-05-18

第 9 位
きみは誤解している (集英社文庫)


【著者】佐藤 正午
【ランキング】1125997 位
【出版社】集英社
【発売】2003-10-17

第 10 位
書くインタビュー 1 (小学館文庫)


【著者】佐藤 正午
【ランキング】90099 位
【出版社】小学館
【発売】2015-06-05

第 11 位
きみは誤解している (小学館文庫)


【著者】佐藤 正午
【ランキング】335820 位
【出版社】小学館
【発売】2012-03-06

第 12 位
永遠の1/2 (小学館文庫)


【著者】佐藤 正午
【ランキング】95904 位
【出版社】小学館
【発売】2016-10-06

第 13 位
永遠の1/2 (集英社文庫)


【著者】佐藤 正午
【ランキング】386307 位
【出版社】集英社
【発売】1986-04-18

第 14 位
永遠の1/2


【著者】佐藤 正午
【ランキング】846557 位
【出版社】集英社
【発売】1984-01

第 15 位
取り扱い注意 (角川文庫)


【著者】佐藤 正午
【ランキング】430787 位
【出版社】KADOKAWA
【発売】2001-07-21

第 16 位
取り扱い注意 (KADOKAWA新文芸書き下ろし)


【著者】佐藤 正午
【ランキング】735459 位
【出版社】角川書店
【発売】1996-12

第 17 位
短編伝説 めぐりあい (集英社文庫)


【著者】大沢 在昌
【ランキング】280866 位
【出版社】集英社
【発売】2017-08-22

第 18 位
放蕩記


【著者】佐藤 正午
【ランキング】542876 位
【出版社】講談社
【発売】1991-07

第 19 位
放蕩記 (ハルキ文庫)


【著者】佐藤 正午
【ランキング】1110905 位
【出版社】角川春樹事務所
【発売】1998-02

【内容紹介】   売れてる作家には金があり、金がある作家は毎晩飲み歩き、てきとーな名前を語って女をくどきまくる。金を湯水のように使い、勝手気ままな生活を送る。昼も夜も関係なく、夢も現実もごっちゃまぜになったような毎日――。主人公、海藤正夫は、まさにそんな毎日を送っている。

   デビュー作が新人賞を取り、どこの書店でも平積み。使っても使っても印税が入ってくるのでお金には困らない。そもそも小説を書いたのはお金のためなんだ。金が世界を動かすんだ。そう宣(のたま)い、遊んでばかりでまったく書こうとしない作家「ぼく」の行く末は?

   各章ごとに異なった文体と視点をうまく用い、海藤が感じていた混乱と破滅への確かな手ごたえを見事なまでに描いている。あくまでもフィクションなので、主人公の海藤正夫は作り出された人物ではあるが、ある種の作家の素顔を描いているようにも思える。「しかし今だに、ぼくは相も変らず小説を読みつづけている。そしてデビュー作以後一度として売れたためしのない小説を書きつづけている」。こんな感じ方をしている小説家、小説家のたまごは世に多くいるに違いない。

   解説によると、著者はとあるインタビューで次のように答えている。「作家がいればそれが酒飲みで、女にも強い。そうあったらいいな、という願望を小説に書いているんです」。

   海藤正夫は、ある意味、理想の作家像ともいえるのだろう。作家とは何か、書き手としての「ぼく」海藤の存在意義、苦しみとは。そんなことまで考えさせられる1冊だ。(つちだみき)

第 20 位
ジャンプ


【著者】佐藤 正午
【ランキング】760118 位
【出版社】光文社
【発売】2000-09

【内容紹介】   つきあって半年になるガールフレンドが、泥酔した自分のためにコンビニへリンゴを買いにいったまま、翌日もその次の日も戻ってこなかった。主人公の会社員三谷は、彼女の姉と協力しながら、消えた恋人の行方を追う。彼女は事件に巻き込まれたのか、「失踪」したのか? 彼女の足跡が少しずつ明らかになり、手がかりをつかむために失踪後の足どりをたどる。それにしても三谷にはなぜ彼女がいなくなったのか、自分の元を去る理由がまったくわからない。果たして、その真相とは…。

   表紙の帯には「本書のテーマは失踪である」と書かれているが、失踪した側に立った描写は皆無であり、失踪された側からの描写に終始している。むしろ人は自分の前に現れた不可解な出来事とどのように折り合いをつけ、やがてそれを受容するに至るのか、その過程を描いた小説といえよう。

   おもしろい箇所がある。一人称で小説を語る三谷が、読者に対してある隠しごとをする。ひとりの人物について述べるとき、彼の語り口調は途端に歯切れが悪くなり、いかにも描写をあいまいにしたがっているのが明らかだ。もちろん著者の意図的な仕掛けで、ぼかす理由は後に判明する。彼の隠しごとは、ガールフレンドの失踪と大きく関係していた。その判明が小説のクライマックスだ。緻密なミステリーとは言い難いが、読者の興味を途切れさせることはない。意図的に隠ごと事をする三谷は、実は失踪の理由を半ばわかっていたのではないか…。読後、そんな三谷を滑稽に思うかもしれないが、読んで身につまされる男性も決して少なくないだろう。(岡田工猿)

第 21 位
ジャンプ (光文社文庫)


【著者】佐藤 正午
【ランキング】328214 位
【出版社】光文社
【発売】2002-10-01

【内容紹介】   つきあって半年になるガールフレンドが、泥酔した自分のためにコンビニへリンゴを買いにいったまま、翌日もその次の日も戻ってこなかった。主人公の会社員三谷は、彼女の姉と協力しながら、消えた恋人の行方を追う。彼女は事件に巻き込まれたのか、「失踪」したのか? 彼女の足跡が少しずつ明らかになり、手がかりをつかむために失踪後の足どりをたどる。それにしても三谷にはなぜ彼女がいなくなったのか、自分の元を去る理由がまったくわからない。果たして、その真相とは…。

   表紙の帯には「本書のテーマは失踪である」と書かれているが、失踪した側に立った描写は皆無であり、失踪された側からの描写に終始している。むしろ人は自分の前に現れた不可解な出来事とどのように折り合いをつけ、やがてそれを受容するに至るのか、その過程を描いた小説といえよう。

   おもしろい箇所がある。一人称で小説を語る三谷が、読者に対してある隠しごとをする。ひとりの人物について述べるとき、彼の語り口調は途端に歯切れが悪くなり、いかにも描写をあいまいにしたがっているのが明らかだ。もちろん著者の意図的な仕掛けで、ぼかす理由は後に判明する。彼の隠しごとは、ガールフレンドの失踪と大きく関係していた。その判明が小説のクライマックスだ。緻密なミステリーとは言い難いが、読者の興味を途切れさせることはない。意図的に隠ごと事をする三谷は、実は失踪の理由を半ばわかっていたのではないか…。読後、そんな三谷を滑稽に思うかもしれないが、読んで身につまされる男性も決して少なくないだろう。(岡田工猿)

第 22 位
放蕩記 (ハルキ文庫)


【著者】佐藤 正午
【ランキング】1110905 位
【出版社】角川春樹事務所
【発売】1998-02

【内容紹介】   売れてる作家には金があり、金がある作家は毎晩飲み歩き、てきとーな名前を語って女をくどきまくる。金を湯水のように使い、勝手気ままな生活を送る。昼も夜も関係なく、夢も現実もごっちゃまぜになったような毎日――。主人公、海藤正夫は、まさにそんな毎日を送っている。

   デビュー作が新人賞を取り、どこの書店でも平積み。使っても使っても印税が入ってくるのでお金には困らない。そもそも小説を書いたのはお金のためなんだ。金が世界を動かすんだ。そう宣(のたま)い、遊んでばかりでまったく書こうとしない作家「ぼく」の行く末は?

   各章ごとに異なった文体と視点をうまく用い、海藤が感じていた混乱と破滅への確かな手ごたえを見事なまでに描いている。あくまでもフィクションなので、主人公の海藤正夫は作り出された人物ではあるが、ある種の作家の素顔を描いているようにも思える。「しかし今だに、ぼくは相も変らず小説を読みつづけている。そしてデビュー作以後一度として売れたためしのない小説を書きつづけている」。こんな感じ方をしている小説家、小説家のたまごは世に多くいるに違いない。

   解説によると、著者はとあるインタビューで次のように答えている。「作家がいればそれが酒飲みで、女にも強い。そうあったらいいな、という願望を小説に書いているんです」。

   海藤正夫は、ある意味、理想の作家像ともいえるのだろう。作家とは何か、書き手としての「ぼく」海藤の存在意義、苦しみとは。そんなことまで考えさせられる1冊だ。(つちだみき)

第 23 位
豚を盗む


【著者】佐藤 正午
【ランキング】685540 位
【出版社】岩波書店
【発売】2005-02-04