スポンサーリンク

ギャンブルについてのおすすめ本

第 1 位
天才数学者、ラスベガスとウォール街を制す(上) 偶然を支配した男のギャンブルと投資の戦略


【著者】エドワード・O・ソープ
【翻訳】望月 衛
【ランキング】846 位
【出版社】ダイヤモンド社
【発売】2019-04-04

第 2 位
賭けの考え方 (カジノブックシリーズ)


【著者】イアン・テイラー
【翻訳】フジタカシ
【ランキング】45793 位
【出版社】パンローリング
【発売】2011-08-12

第 3 位
天才数学者、ラスベガスとウォール街を制す(下) 偶然を支配した男のギャンブルと投資の戦略


【著者】エドワード・O・ソープ
【翻訳】望月 衛
【ランキング】1215 位
【出版社】ダイヤモンド社
【発売】2019-04-04

第 4 位
よくわかるギャンブル障害 本人のせいにしない回復・支援


【著者】蒲生 裕司
【ランキング】88960 位
【出版社】星和書店
【発売】2017-09-13

第 5 位
デザインされたギャンブル依存症


【著者】ナターシャ・ダウ・シュール
【翻訳】日暮雅通
【ランキング】139002 位
【出版社】青土社
【発売】2018-06-25

第 6 位
独身・アラフォー・貯金なしだった僕が宝くじで6億円当たってどうなったか!?


【著者】唱田 士始矢
【ランキング】77263 位
【出版社】主婦の友社
【発売】2019-04-17

第 7 位
天才数学者はこう賭ける―誰も語らなかった株とギャンブルの話


【著者】ウィリアム パウンドストーン
【原著】William Poundstone
【翻訳】松浦 俊輔
【ランキング】126618 位
【出版社】青土社
【発売】2006-11-01

第 8 位
賭けるゆえに我あり(森巣博ギャンブル叢書2)


【著者】森巣 博
【ランキング】310132 位
【出版社】扶桑社
【発売】2015-05-31

第 9 位
完全無欠の賭け―科学がギャンブルを征服する


【著者】アダム クチャルスキー
【翻訳】柴田 裕之
【ランキング】86575 位
【出版社】草思社
【発売】2017-11-22

第 10 位
アルコール・薬物・ギャンブルで悩む家族のための7つの対処法―CRAFT(クラフト)


【著者】吉田 精次
【ランキング】26463 位
【出版社】アスクヒューマンケア
【発売】2014-10

第 11 位
マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ) (ヤングキングコミックス)


【著者】ソウ
【企画・原案】ゆうき ゆう
【ランキング】13606 位
【出版社】少年画報社
【発売】2016-11-28

第 12 位
ギャンブル依存のための認知行動療法ワークブック


【著者】ナムラタ・レイルー
【翻訳】原田 隆之
【翻訳】神村 栄一
【翻訳】横光 健吾
【ランキング】361989 位
【出版社】金剛出版
【発売】2015-07-10

第 13 位
ギャンブル依存症 (生活人新書)


【著者】田辺 等
【ランキング】92406 位
【出版社】NHK出版
【発売】2002-12-06

第 14 位
パチンコはこうすれば止められる! ──元パチンコ店長が教える「脱パチンコ」実践編


【著者】山下 實
【ランキング】105737 位
【出版社】自由国民社
【発売】2013-04-05

第 15 位
確率・統計であばくギャンブルのからくり―「絶対儲かる必勝法」のウソ (ブルーバックス)


【著者】谷岡 一郎
【ランキング】228574 位
【出版社】講談社
【発売】2001-11-20

【内容紹介】 「すべてのギャンブルは純粋に数学的事象であり、直感に頼るギャンブラーはトータルでは決して勝つことはできない」と、著者は言いきる。ギャンブルに関して世の中には必勝法と銘打った嘘やイカサマが無数にある。金額の大小にかかわらず、金銭が伴うということでそれが顕著になる。そんな嘘や必勝法を、ジャンケンから競馬、ルーレット、ポーカーに至るまで確立・統計を用いて暴き、本当の必勝法とは何かを述べている。

   公営ギャンブルからブラックジャック、ルーレット、宝くじ、TOTOに至るまで、その胴元の儲けのしくみを「期待値、控除率」を用いて紹介する。この期待値とは「ある特定の賭け方に対して理論上戻ってくる割合」であり、控除率とは「賭けられた金額に対するギャンブル主催者の利益率」である。この2つを理解することにより、ギャンブルの裏側や、楽しみ方がわかってくる。つまり、「堅実なギャンブラーになれる」ということである。

   各章末のコラムにも注目すべきものがある。身近な事例を確立・統計を用い、ギャンブルにみたてて損か得かを証明するのだ。イチローをいくらで獲得すれば得するか、といった軽いトピックについても、打率などから確率・統計を用いて理論的に説明されており、興味深い。内容を理解するためには高校卒業程度の数学の知識が必要とされるが、それがあれば、十分楽しめるだろう。(松長泰広)

第 16 位
やめられない ギャンブル地獄からの生還


【著者】帚木 蓬生
【ランキング】26221 位
【出版社】集英社
【発売】2010-09-03

第 17 位
私、パチンコ中毒から復帰しました (中公新書ラクレ)


【著者】本田 白寿
【ランキング】26796 位
【出版社】中央公論新社
【発売】2013-01-09

第 18 位
日本のハイローラー (森巣博ギャンブル叢書3)


【著者】森巣 博
【ランキング】188676 位
【出版社】扶桑社
【発売】2018-08-02

第 19 位
稼ぐギャンブル 5000万円稼いだ芸人が教える50の法則


【著者】じゃい(インスタントジョンソン)
【ランキング】79499 位
【出版社】太田出版
【発売】2011-07-21

【内容紹介】ギャンブルは「賭け事」ではなくて、「稼ぐ手段」だ! 若手芸人でありながら、5000万円のマンションをキャッシュで購入した男、じゃい(インスタントジョンソン)。そのお金はギャンブルで稼ぎ出したものだった! 不況のトンネルに風穴をあける、「当てる」のではなく「稼ぐ」ためのギャンブル書。読んだその日から使える法則満載でお届けします(しかも、財布に優しいお値段で)。 以下、一部の法則を抜粋。 ・「あぶく銭」という言葉は金輪際、忘れろ ・テンションをあげるのは「一瞬」だけにしろ ・負けたときは「悔しく」そして「潔く」 ・会社帰りの数時間こそがゴールデンタイム ・間違った「もったいない」が勝利を遠ざける ほかにも使える法則を多数収録!

第 20 位
宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する (10) (モンスター文庫)


【著者】すずの木くろ
【イラスト】黒獅子
【ランキング】82824 位
【出版社】双葉社
【発売】2019-07-29

第 21 位
ギャンブル障害の治療:治療者向けガイド ‐認知行動療法によるアプローチ‐


【著者】Robert Ladouceur
【翻訳】椎名 明大
【翻訳】長谷川 直
【翻訳】伊豫 雅臣
【ランキング】355366 位
【出版社】星和書店
【発売】2015-10-22

第 22 位
図解 博才が必ず身に付くギャンブルのセオリー 最強ギャンブラー芸人じゃいばかりがなぜ儲かるのか?


【著者】じゃい(インスタントジョンソン)
【ランキング】38954 位
【出版社】ガイドワークス
【発売】2015-04-17

第 23 位
日本一宝くじが当たる寺 金運を爆上げする12の習慣


【著者】今井 長秀
【ランキング】326 位
【出版社】幻冬舎
【発売】2019-04-18

第 24 位
ダート競馬の儲け方 馬単位の特性を見抜ければ本命も大穴も自由自在!


【著者】nige
【ランキング】2115 位
【出版社】ガイドワークス
【発売】2019-06-10

第 25 位
ひりひり賭け事アンソロジー わかっちゃいるけど、ギャンブル! (ちくま文庫)


【編集】ちくま文庫編集部
【ランキング】357122 位
【出版社】筑摩書房
【発売】2017-10-06